Amazonの支払い方法の設定

アマゾンでは現在、

購入する際の支払い方法

「代金引換」「コンビニ決済」に関しては

出品者側が有効か無効かを設定できます。

 

その設定方法を動画で解説しましたのでご覧ください。

 

支払い方法の選択肢は多いほうが購入してもらいやすいです。

 

普段、あまり家にいない人はコンビニ決済を選ぶ人が多いだろうし、

クレジットカードを使用しない方は代金引換を選ぶ確率が高くなります。

 

なので商品の回転を少しでも上げたければ

「コンビニ決済」「代金引換」は有効にしたほうがよいです。

 

デメリットとしては、

「コンビニ決済」は購入者が指定したコンビニまでいかないといけないので、

ずっと放置されるとFBAに戻ってきてしまいます。

 

「代金引換」も同様でずっと不在だと戻ってきてしまいます。

 

これらのデメリットはありますが、

商品の回転率を少しでも上げるために有効にしたほうがよいので

有効に設定しておきましょう。

 

ちなみにこの支払い方法の設定は

「大口出品」のみしか設定できませんので

ご注意ください。

 

こちらの記事も参考にしてください。

アマゾンで販売する際の出品者情報の記入方法

Amazonの出品形態の変更方法を解説

 

PS

ブログでは公開できない情報をメルマガで配信しています。

より有益な情報を得たい方は、

メルマガに登録しておいてくださいませ。

メルマガ登録はこちら

 

 

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

をプレゼントしております。

 

また、せどりや情報発信などに関する質問を

LINE@でいただければお答えします。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

記事の作者


沖縄生まれ、東京在住のアラフォー。

今まで超絶ブラックの外食チェーンで働いたり、自分で店をだしたり不動産会社で働いたり。

今では月収1000万以上稼げるようになったり。

詳しいことはプロフィールで。

素顔が見れます笑


profile

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください