セミナーのクロージングの意図

セミナーに参加したことが

あるならわかると思いますが、

セミナーの後半にはよくなにかしらの

オファーがあります。

 

コンサルとかの何かしらの

サービスのオファーですね。

 

決まり文句が、

「今、その場で参加を決意したら、

通常100万円のコースが

半額の50万円になります」

という感じです。

 

主催者は今日申し込んだほうが

お得だということを

前面にだしてきて、

クロージングをかけてきます。

 

なぜセミナー当日にお得感をだして

オファーするのかわかります?

 

セミナー当日のほうが、

参加者の熱量も高いので

決まりやすいんです。

 

「セミナーで色々と学べたし、

これからやるぞ。」

 

「なになに、

こんなコンサルあるのか。

魅力的だ。

しかも今日申し込んだら半額?

おし、やるぞ!」

 

とう感じになるわけです。

 

やる気に満ち溢れている状態で

コンサルがオファーされ、

しかも今日申し込むとかなりの

お得となると申し込んで

しまうんですね。

 

主催者にとって、

お得な価格がセミナー当日限定

というのは戦略です。

 

やはり1日たつと熱量も落ちますし、

色々と外野の意見や反対も

あったりするので参加する確率も

ぐっと落ちてしまいますからね。

 

外野の意見というのは

家族からの反対だったり

ネットで評判を調べると

あまりよくないことを

知るとかです。

 

やってやるぞと勢いで

申し込むのもよいのですが、

冷静に判断することも大事です。

 

なのでできることなら

1日おいて考えたほうがよいですね。

 

僕は勢い系ですが。

 

セミナーに参加して

何かしらのオファーがきたときは、

どういうやりかたでオファーするのかを

考えながら見るのも面白いですよ。

 

では!

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください