出来事は情報に変えたほうがいい

フェイスブックを見ていると

「こんなラーメンを食べました、

おしかったです!」

というような

投稿はよくあります。

 

あれをラーメンの画像だけ載せて

おいしかったという投稿なら

何の情報も得られません。

 

「美味しいもん食べてよかったね」

ぐらいしにしか思いません。

 

これに店名やら具体的な

場所を載せると情報に変わり

価値のあるものに変わります。

 

見た人のなかには

「おいしそうだから

今度行ってみよう」

となるわけです。

 

せどりをやっている人が

「こんなに仕入れました!」

と大量の仕入画像を載せる人は

結構います。

 

大量に仕入れた商品を

見せるだけだと

自慢っぽくなります。

 

これにどんな商品を仕入れたのか、

どこで仕入れたのかを

いれるだけでも価値に変わります。

 

全く商売に繋げる気がないなら

出来事だけいいのですが、

何かしらにつなげていきたいなら

見ている人に価値を提供して

関係性を築いたほうがよいです。

 

そういう感じで

フェイスブックで発信し、

コンサル依頼がばんばん

きている知り合いがいます。

 

見ててうまいなーと思いますね。

 

○○○のお陰で毎日がハッピーで

楽しいみたいな

パーティーピーポー発信は

もう流行んないですから。

 

たかがSNS、されどSNSです。

 

PS

「情報発信スタートダッシュ講座」

をやっております。

 

情報発信に興味があれば、

こちらに登録してみてください。

無料です。

http://okinawanohoshi.com/cscope2/1443/


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください