沖縄のおすすめダイビングスポットをまとめてみました!本島・中部・北部


※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

沖縄にはたくさんの

ダイビングスポットがあります。

 

おすすめのダインピングスポットを

まとめてみましたのでご覧ください。

 

沖縄ダイビングガイド

 

沖縄本島北部のダイビングスポット

豪快なドロップオフや洞窟、

アーチなどのダイナミックな地形を楽しめる

ポイントが数多くあります。

 

またサンゴの群生、

大型回遊魚と出会えるチャンスもあります。

 

ダイビングスタイルはボードダイビングが

主流のところが多いので上級者向けのおすすめスポットです。

 

辺戸岬

辺戸岬ドームというダイバーのみが入ることのできる海底鍾乳洞があります。

北部エリアの目玉スポットで、

ライセンスを持っていたら一度は見てみたい、

 

ダイバーでしか見られないまさに

神秘の世界を体感してみたいと誰もが思う場所です。

 

そのほかにも、二神やキャニオンダイナミックな

地形で楽しめるポイントもあります。

 

沖縄県本島の最北部のダイビングエリアは

数多くの大自然がまだ残っている、

穴場スポットとなっています。

 

古宇利島

水深40mに沈む全長90mの沈船、

第二次世界大戦で沈没した軍艦USエモンズを見ることができます。

 

長い歴史を経ても、静かに深い海に鎮座している船の美しさを保っており、

訪れるダイバーを感動させる

ダイビング経験本数が必要な上級者向けのスポットとなっています。

沖縄スノーケリングガイド

沖縄本島・中部のダイビングスポット

(万座・恩納・残波・真栄田岬・カヌチャイベイ・漢那・金武レッドビーチ)

沖縄本島で、最もダイビングポイントが多いエリアです。

ビーチダイビング、ボートダイビング、

好きなスタイルを選ぶことができるスポットがあります。

・アクセス:那覇から1時間から1時間30分です。

 

万座

独特な地形やサンゴ、大物など沖縄でもトップクラスの

ポイントがたくさんあります。

 

地形派ダイバーに人気の高いエリアでもあります。

万座周辺の有名ポイントは万座ドリームホールです。

 

水深6メートルほどのリーフの上から

垂直に穴が開いており穴に入ると水底35メートルになります。

 

いっきに深くなりそこから広がる、青一色の景色は見ごたえがあり、

かなり神秘的に見えます。

洞窟内はリュウキュウハタンポの群れが何百匹も群れています。

 

洞窟の外はウミガメなどの大物に合える確率も

高くなるスポットとしても有名です。

 

真栄田岬

波が無く穏やかな事が多いのが特徴で、初心者向けと言えます。

水深が浅くて体験ダイビングやシュノーケル向けのポイントです。

 

水深は浅い所でも魚がたくさん泳いでいます。

大きな魚はあまり居ませんが、

色が綺麗な魚が沢山で透明感のある海でダイビングを楽しめます。

 

ビーチから青の洞窟へ行くことができるポイントがあります。

階段を90段降りれば、青い海が広がっています。

 

残波

最大40メートル以上にもなる

ダイナミックなドロップオフがあります。

 

オーバーハングになった所や、

ダイナミックな地形・アーチやトンネルがあり海の世界を楽しめます。

ネムリブカやカメなどの大物との遭遇率も高いおすすめポイントです。

 

レアな生物に出会える事も有り、

開けた海の景色を楽しめることもあり、

かなり人気のスポットです。

 

恩納

縦にいくつも走るクレパスから差し込む光のカーテンが

美しく幻想的な雰囲気を作り出しています。

 

リーフエッジにはサンゴが多く群生しているのも特徴といえます。

スズメダイやチョウチョウウオの群れ、春先にはタイワンカマスの大きな群れ、

ウミガメやホワイトチップシャークを

運が良ければ見ることができるスポットとなっています。

 

また、トライアングルホールという

自然が作り上げた3つの穴から作られた大きな洞窟内があります。

 

長い時間をかけて洞窟の天井から滴る水滴によって作り上げられた、

天然の鍾乳石を見ることもできます。

 

さらに、海底に馬のひずめの形に似ている岩があり

ホーシューと呼ばれるスポットがあります。

 

ここは、浅瀬から一気にドロップオフになっている

ダイナミックな地形でクレバスやWの形をしたトンネルがあり、

神秘的で幻想的な空間に出会うことができます。

 

崎本部

ゴリラがチョップしているようにみえる

「ゴリラチョップ」という岩がエントリーする

ビーチにあります。

 

水中は白い砂地が広がっていて、

大小様々なサンゴが存在し、

そこを住処にする魚たちがたくさん群れています。

 

遠浅のビーチで水深が浅いところでも、

透明度も高いポイントなので初心者にもおすすめのポイントです。

 

サンゴが豊富で生き生きとした

環境なのでたくさんの魚の住処となっています。

 

沖縄本島・南部ダイビングスポット

ダイビングの盛んな沖縄本島において、

未開のポイントも多くあります。

 

那覇空港が南部にあるため、

飛行機で到着後すぐに潜りにいくことも

出来るスポットとして人気が高いです。

 

アクセス:那覇から30分から1時間です。

 

水釜・イナンビシ

水釜エリアには3つのポイントがあります。

防波堤の階段からエントリーできる水釜・水釜ケーブル、

トウアカクマノミを見ることができるトウアカポイントです。

 

水釜・水釜ケーブルは、色とりどりのソフトコーラルが見られ、

そこに群れているスズメダイやチョウチョウウオなど

カラフルなリーフフィッシュを見ることができます。

 

また、トウアカポイントではトウアカクマノミはもちろんですが、

カクレエビやカニ、ハゼといった生き物に

出会えるスポットとなっています。

 

水深も浅くて、流れもないので初心者も

安心して潜れるポイントとなっています。

 

クマノミファンにはたまらない

人気スポットとして有名なのがイナンビシです。

 

クマノミパラダイスと呼ばれ、クマノミ、ハマクマノミ、

ハナビラクマノミ、カクレクマノミ、セジロクマノミと

5種類のクマノミたちが住んでいます。

 

最大水深でも約15メートルで水深が浅く流される心配もないので、

初心者でもダイビングを十分楽しめます。

 

砂辺

砂辺のダイビングポイントは、

ソフトコーラルというやわらかいサンゴが一面に広がった海の世界です。

 

ダイバーからはサンゴのお花畑と呼ばれるサンゴが

生き生きとしたエリアなのでたくさんの魚を見ることができます。

 

また、砂辺海底遺跡というソフトコーラルの先には

落差10mのドロップオフがあり、

人工的に作られた地形の遺跡もあり、海中散策を楽しめます。

 

大度海岸

水深約3メートルの砂地なので浅く初心者向けの

エリアでゆっくり海中散策が楽しめるインリーフがあります。

 

浅瀬にはハードコーラルの群生があり、

そこでもたくさんの魚を見ることができます。

 

また、クレバスなどのダイナミックな地形を楽しめる

アウトリーフもあるので両方を楽しめるエリアです。

 

アウトリーフの変化にとんだ地形では、

地形と光が作りだす神秘的な美しい景色をみることができます。

 

大度海岸は海ガメの産卵地としても有名なポットとなっており、

ダイビング中のみならず、ビーチでもカメに遭遇する可能性があり

遭遇率も高い人気の観光エリアです。

 

好きなときに好き場所に行くには

沖縄の独特の雰囲気を味わいながら

ダイビングを楽しめるはどのエリアも大変魅力的で、リピーターの方も多く、

魚や大物の生き物と遭遇することができるスポットがたくさんあります。

 

今回は本島のみの紹介ですが、

離島ならではの手つかずの自然や透明感の

素晴らしい海中もまた人気があります。

 

 

そして、好きなときに好きな場所に行くには

会社などに縛られて働くのではなく、

自分で稼ぐ力を身につけることです。

 

自分で稼ぐ力を身につけたければ、

こちらに登録してみてください。