卸やメーカー、配送業者と交渉するときの心得

去年から卸やメーカーに

コンタクトをとり、

返答があるところとは

交渉しています。

 

話していてダメそうなときが

あるのですがそういう場合、

繋がりたいと思うところには

かなりの熱量でおします。

 

簡単に言うと、

「すごく売る自身があるので

売らせてください!」

とぐいぐいいきます。

 

するとそこまで言うなら

いいよとなることがあります。

 

自信なく売りますと

言っている人よりも、

自信満々の人のほうが

売ってくれそうだなと

なりますからね。

 

また、交渉するときは多少の

はったりも必要です。

 

これからFBA納品無料

キャンペーンが終わるので、

お金がかかる配送業者を

利用することになります。

 

契約を結ぶと安くなるのですが、

ここでも交渉が必要になってきます。

 

「1か月でどれぐらい送りますか?」

と聞かれて数量によっては

契約を結んでくれません。

 

特にせどりをはじめたばかりだと

そこまでの量がないと思います。

 

ここではったりをかますんです。

 

本当は月に10箱ぐらいかもしれませんが、

100箱って言えばいいんです。

 

契約を結べば1年間は

切れることはありません。

 

この1年間以内に本当に100箱に

すれば問題ないです。

 

もうすでに付き合いがあって

はったりが通用しない場合は

未来をあつく語りましょう

 

「今は10箱かもしれませんが

必ず100箱にします!

やってやりまっしょい!」

と自信満々であつく語れば

契約を結べることもあります。

 

相手も人間なので感情を

動かすことができれば

なんとかなることが多々あります。

 

交渉するさいは、

「自信満々であつく語る」

「はったりをかます」

「未来を語る」

ということを意識してみてください。

 

ちなみに卸仕入れを学ぶなら

こちらの教材がおすすめです。

上流仕入指南書 卸仕入れ教材 特典&レビュー

 

PS

女性に付き合ってくれというときや

プロポーズするときも一緒です。

 

自信がなさそうに

「し、しあわせにするから・・」

と言っても付き合いたいとか

結婚したいと思われませんからね。

 

自信満々で言いましょう。


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください