ハズキルーペはなぜ儲かっているのか

ハズキルーペのCMを

見たことありますか?

 

有名芸能人(舘ひろし、渡辺謙、

菊川怜、武井咲、小泉孝太郎)

をあんなに起用してもうかってるの?

って思ってしまいます。

 

だってただル―ぺですよ?

 

老眼鏡みたいなものだと

思っていたのですが

ちょっと違うみたいです。

 

頑丈だったり拡大率だったり

色々と高齢者にとって

ひかれる部分が

あるのかもしれません。

 

 

調べたところ広告費を50億円以上

投入して販売本数は350万本を

突破しているみたいです。

 

販売価格は10167円なので、

ここでは1万円として

1万円×350万本で売り上げだけで

350億です。

 

実物を見ていていないので

なんともいえませんが、

原価もそんなに高くないと思うので

3000円と仮定します。

 

なので1本売れたら7000円の

利益がでるとします。

 

7000円×350万で245億の利益です。

 

広告費50億以上かけても

全然利益がでます。

 

広告の力ってすごいですよね。

お金がある企業にしかできない戦略です。

 

お金を使わない戦略となると

ブログやSNS、YOUTUBEなどで

ハズキル―ぺの実用性、

必要性をうたっていく

ぐらいだと思います。

 

あとはインフルエンサーに

無料であげて

「使っていいと思ったら記事にしてください!」

と頭を下げまくるぐらいですね。

 

もらっても使う人は

ほとんどいないと思いますが、

運がよければインスタやブログなどで

紹介してもらえるかもしれません。

 

もっと安いルーペはいくらでもあるので、

お金を使って広告をかけていかないと

全く売れない可能性の

ほうが高い気がします。

 

お金をかけないで

売れたとしても時間がすごく

かかりりそうです。

 

お金を使うのと使わないのだと

それぐらい大きな差があります。

 

アマゾン販売でも

新規でカタログ登録した

商品を売りたければ広告は

使ったほうがいいです。

 

そうしないといつまでたっても

誰にも存在に気づいてもらえず

売れませんから。

 

 

情報発信もすぐに有名になりたい、

リストを集めたいとなれば

お金をかけて広告をうつのが

手っ取り早いです。

 

「早く成果をだしたければお金をかける」

 

今日の結論です。

 

PS

薬局にハズキルーペが展示されていました。

1万円のハズキルーペがこんなに

展示されていると

なんか安っぽく感じますね。

 

つけてみましたが

まだまだ必要性を感じませんでした。

あと20年後は使うかもしれません。

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください