「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」 堀江 貴文著 書評

読むと本音で生きたくなります

やはり、生きていくうえで本音を言えない場面は多々あります。

 

僕も会社勤めをしていたころは、

上司に対してどうしても理不尽だと思っても

なかなか言えなかったです。

 

今後、会社にいることが気まずくなると思うからですね。

 

そんなことをおかまいなしにバッサバッサと

切ってくれるのがこの「本音で生きる」という本です。

 

最低限の常識、礼儀さえ外さなければ

他人からどう思われてもいい、

思ったことを言えばいいじゃないか。

と堀江さんは言っています。

 

すごく納得できる部分がたくさんあり、

面白かったです。

 

お金がない、時間がなくてできないという理由

 

「お金がないという言い訳は無用」

ということが書かれているのですが、

すごく共感できます。

 

日々、僕のところにも

「ネットビジネスをはじめたいのですが、

お金がありません

どうしたらよいでしょうか」

というようなメールが来ます。

 

堀江さんも本の中で言っているのですが、

今の時代、高い時給で飲食店やコンビニでアルバイトできますし、

古本拾って売ってもお金を作ることができます。

 

お金を稼ぐ手段はいくらでもありますからね。

 

「時間がない」ということもそう。

本当にやりたいのなら、時間は作れます。

 

仕事が忙しくてやりたいことができないのなら、

辞めるなり転職するなりいくらでも方法があるわけです。

 

この本でも言っているのですが、

本当にやりたいのならリスクは考えないわけであって、

行動できないのは現状維持が心地いいからですね。

 

できない理由を言っているうちはやらないほうがよいです。

 

この本で堀江さんが言っているのですが、

「ノリがよい人間が成功する」ということ。

 

行動の先に成功があるので、

失敗を恐れずに行動しようということですね。

 

堀江さんも今までかなり失敗したと言っていますが、

たくさんの行動してきたからこその結果で

それが今の成功に結びついているわけです。

 

人に任せて自分の時間を作ることは大事

 

時間の使い方も、

「自分がやる必要のないことは人に任せる」

ということが書かれています。

 

これもその通りでネットビジネスでもそうですが、

自分がやる必要のないことはどんどん外注化して、

自分しかできないことをやったほうがよいです。

 

1日の時間が限られていますからね。

 

今はランサーズやクラウドワークスなど、

仕事が依頼できるサイトはたくさんありますから。

 

お金がないときはしょうがないですが、

余裕がでてきたらどんどん外注化していきましょう。

 

仕事の仕方マインド面、思考、時間の使い方など

学ぶことが多い本なので、

読んでみることをおすすめしますよ。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方

 

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!