会社員におすすめ!自宅でできる副業をまとめてみました

会社員が副業をはじめるケースが多いです。

将来どうなるかわからないという

不安からか今のうちに貯蓄しておきたい

という考えや、会社勤めが嫌だから

独立したいなど色々な理由があります。

 

リストラや給料カットが

どんな会社でも行われている時代なので

副業をすることはいいことだと思います。

 

そこで会社員でもできる副業を

まとめてみました。

 

目次

アフィリエイト

アフィリエイトとは、

企業や個人の商品をネットなどを使って紹介して

購入された場合に、その紹介料をもらえるというビジネスです。

 

アフィリエイトと言っても、色々な種類があります。

 

自己アフィリエイト、トレンドアフィリエイト、物販アフィリエイト、

無料オファーアフィリエイト、情報商材アフィリエイトなどです。

 

アフィリエイトのメリット

・自分で商品を開発する必要がない他力本願

アフィリエイトのメリットは

まず自分で商品を用意する必要がないということです。

 

通常、商売をするとなると何か商品を用意する必要がありますが、

アフィリエイトの場合はすでに

商品が用意されているわけですから

商品を用意する必要がありません。

 

・初期費用がかからない

なので、資金がかからずにブログや

SNSさえあれば無料ではじめられるビジネスであります。

ここもメリットでしょう。

 

・不労所得化できる

そして、アフィリエイトは最終的に

不労所得化できるというのが最大のメリットでしょう。

 

不労所得という言葉は誰にとっても

魅力的な言葉であると思いますが

アフィリエイトであると種類にもよるのですが

不労所得にすることが可能です。

 

なぜなら、ネットを使うからです。

ネット上に記事などを投稿しておくと

あとはお客さんが来たときに

ネットが記事を表示して働いてくれます。

 

なので、あなたは商品紹介の記事を

書いてネット上に載せることで

後はネットに働いてもらうだけでいいのです。

 

・どこででも稼ぐことができる

そしてパソコン一台、スマホ一台あれば作業が可能なので

外に出る必要がありません。

 

なので、子育て中の主婦や持病で外に

働きにいけない人でもできるというのが

これは他のネットビジネスにも当てはまるのですが

メリットと言えるでしょう。

 

アフィリエイトのデメリットとは?

・ライバルが多いと稼ぎにくい

アフィリエイトのデメリットは

ビジネス参入者が多くなると

競合してしまうということです。

 

当然、同じ商品をアフィリエイト

している人が他に10人とかいるとすると

購入者はその10人の中から1人を選んで

商品を購入するということになります。

 

つまり、初心者の人は最初はなかなか稼ぐのが難しいです。

 

・広告主やASPがいないと成り立たない

そして、もう一つが広告主やASPに

依存するビジネスであるということから

広告主が広告提携を解除した場合に

報酬がなくなるということです。

 

もし特定の商品についての紹介記事を書いていても

その商品の広告提携が解除された場合

その記事は意味のないものとなります。

 

広告主頼りのビジネスとなってしまうため

広告主によって左右されてしまうというのが

アフィリエイトのデメリットでしょう。

 

アフィリエイトの注意点

アフィリエイトの注意点としてはASP(アフィリエイトセンター)や

グーグルアドセンスの規約をしっかりと守るということです。

 

規約に反することをした場合、

ASPのアカウントやグーグルアドセンスアカウントが

剥奪されるという場合があります。

 

一度アカウントを剥奪されてしまうと

復活するのはとても難しいです。

 

なので、利用規約をしっかりと読んで遵守する必要があります。

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、その名の通り自分に

アフィリエイトをするということです。

 

つまり、自分のアフィリエイトリンクから

自分で商品を購入したり

登録をしたりするということです。

 

これは自己アフィリエイトを許可している案

件においてのみ実行可能なのですが、

例えば、クレジットカードに無料登録をするだけで1件につき、

1万円がもらえたり、エステのモニターを受けて

1回で6000円がもらえたりと、

無料の割にはなかなか稼げるビジネスとなっています。

 

自己アフィリエイトのメリットとは?

・再現性がとても高い

自己アフィリエイトは他の人にアフィリエイトをするのではなく、

自分に対してアフィリエイトをする訳ですので、

誰でも100%稼げるというのがメリットです。

 

平均的な作業をすると10万円くらいは

誰でも稼ぐ事ができるので、

ネットビジネス初心者の方がはじめに

行うビジネスとされています。

 

自己アフィリエイトでは、

クレジットカードの無料会員登録をす

るだけで1万円とかもらえたりします。

 

クレジットカードの会員登録なんて

10分もあれば完了します。

 

つまり、少ない労力で効率的に

大金を手に入れることができます。

 

10分で1万円ですと時給換算で6万円です。

 

これが再現性100%で手に入れることが

できるというのはメリットでしょう。

 

自己アフィリエイトで稼ぐなら

ポイントタウンを利用することがおすすめです。

 

自己アフィリエイトのデメリットとは?

・継続収入にならない

自己アフィリエイトは継続的な収入にはならないです。

というのも自己アフィリエイト

できる案件の数に限りがあるからです。

 

なので、案件を全てこなしてしまうと

それ以上には稼げません。

 

もし、新たな案件が入ってきた場合は

それをこなす事で稼げますが、

そんなに毎月安定して

入って来るようなものではないです。

 

つまり、自己アフィリエイトはあくまで

10万円くらいの資金を稼げるというだけであって

お金稼ぎの主軸とする事は出来ないです。

 

これが自己アフィリエイトの

最大のデメリットであると言えるでしょう。

 

報酬がすぐにははいらない

そして、自己アフィリエイトでは

報酬が実際に自分の口座に

入るまでに長くて2ヶ月ほどかかります。

 

というのも、例えばクレジットカードに

無料会員登録するとします。

 

その報酬が確定するのはカードが自宅に届いてから、

場合によっては電話確認をしてその2週間後くらいです。

 

まずカードが届くまでに1週間かかり

その後確認に2週間の計3週間で報酬確定ですが

アフィリエイト報酬を自分の口座に下ろせるのは

報酬確定の翌々月と決まっています。

 

なので、実質2ヶ月くらいはかかるという事になります。

 

自己アフィリエイトの注意点

クレジットカードはひと月に登録しすぎないこと

クレジットカードの会員登録は自己アフィリエイトの中で

最も報酬単価が高い案件なのですが、

ひと月に大量に登録しすぎると

ブラックリストに載ってしまい

クレジットカードに登録できなくなってしまいます。

 

なので、ひと月に4会社まで、余裕を持つなら

3会社までにしておいた方が無難です。

 

・必ずASPのアフィリエイトリンクから登録すること

自己アフィリエイトでは初回訪問時の

登録のみ報酬対象となる案件がほとんどです。

 

つまり、ネット検索で一度訪問した事があるサイトの案件の場合、

アフィリエイトリンクから再び訪問したとしても

それは2度目の訪問とみなされるため、

たとえ会員登録などをしても

報酬が発生しない場合があります。

 

自己アフィリエイトは普段の

買い物や会員登録でも使えるので、

何か買い物をしたり会員登録を

する事がある場合はネット検索から

そのホームページに入るのではなく、

まずはASPにその商品があるかを確かめて、

あった場合はASPのアフィリエイトリンクを

踏んで登録や購入をすることで

圧倒的に得をする場合があります。

 

自己アフィリエイトでネットビジネスの資金をつくる

自己アフィリエイトは誰でも

行動すれば10万は必ず稼げますので、

その資金をもとに色々なネットビジネスに

取り組まれてはどうでしょうか。

 

おすすめのASPはこちらです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトとはその名の通り、

情報商材をアフィリエイトするという事です。

 

自分が優良だと思った情報商材を

ネット上などで人に紹介をして、

売れた場合にその紹介報酬を

情報販売者から貰うというビジネスです。

 

紹介報酬はピンキリで20%~90%ぐらいまであります。

 

例えば紹介報酬が50%の場合、

1万円の情報商材をアフィリエイトして

販売に成功した場合には

半分の5000円の報酬が手に入るということです。

 

アフィリエイトの中でも極めて

報酬率が高いという特徴をもつのが

この情報商材アフィリエイトです。

 

情報商材アフィリエイトのメリットとは?

・自分で情報商材を作る必要がない

情報商材アフィリエイトは情報販売のように

自分で情報商材を作ることなく、

情報商材を扱うことができます。

 

なので、情報商材を作る知識や情報が無いとしても

いろいろな情報商材を販売することができるのです。

 

・単価報酬がとても高い

単価報酬が高いというのが、

情報商材アフィリエイトの最大のメリットでしょう。

 

情報商材アフィリエイトはアフィリエイトの中でも

断トツで単価報酬が高いです。

 

販売価格の20%~90%も

報酬がもらえるというのは非常に高利率です。

 

たとえば、楽天アフィリエイトだと

販売価格のたった1%しか報酬がもらえません。

 

Amazonアフィリエイトの場合は

販売価格の4%~8%の報酬です。

 

これらを比べると情報商材アフィリエイトの

報酬率が異常に高いことがわかるでしょう。

 

この情報商材アフィリエイトで月何百万と

稼いでいる人も多いです。

 

 

アフィリエイトで大きく稼ぎたいなら、

このビジネスを選ぶのもありです。

 

情報商材アフィリエイトのデメリットとは?

・報酬が振り込まれるまでに時間がかかる

これは他のアフィリエイトでも同じことなのですが

報酬が発生してからすぐに自分の口座に

振り込んでもらうということはできません。

 

報酬発生後、自分の口座に振り込まれるまでに

2ヶ月待つ必要があります。

これはデメリットであると言えるでしょう。

 

・成約までもっていくのが難しい

情報商材アフィリエイトでは通常の

アフィリエイトよりも成約に

持っていくのが難しいです。

 

それは、まず単価価格が高いという事です。

情報商材は1本で1万円~2万円の価格がします。

 

当然、価格が高いと購入する際に

とても吟味することとなります。

 

そこで、他のアフィリエイターも

同じ情報商材をアフィリエイトしていた場合比べられます。

 

なので、信用してもらい自分のアフィリエイトリンクから

買ってもらうにはテクニックが必要です。

 

・中身がわからない

情報商材は、販売ページに書いている内容だけで

購入するかしないかを決める必要があります。

 

全ての商材が販売ページに書いているものと

同じ内容のものであるといいのですが、

 

最近は誇大広告をして販売ページの内容とは

かけ離れた内容の情報も多々あります。

 

これもあって、成約に持っていくのが難しくなります。

 

情報商材アフィリエイトの注意点

・どんな商材でもアフィリエイトしていいというわけではない

情報商材アフィリエイトにおいて注意するべき点は、

本当に優良な情報商材だけを

アフィリエイトしなければいけないということです。

 

情報商材アフィリエイトは

報酬単価が高いからと言って

詐欺的な情報商材をアフィリエイトする

アフィリエイターもいますが、

それは自分も詐欺行為に加担していることと等しいです。

 

そして詐欺商材をアフィリエイトすることで

自分に対する信頼も落ち、

情報商材アフィリエイトで長く稼ぐことはできません。

 

報酬のことだけを考えずに、

本当におススメできるものだけを

アフィリエイトするようにしていくべきです。

 

オークション

オークションはご存じであると思いますが

競売とも言い、商品を出品して、

最も良い購入条件を出した買い手に

商品を販売するというものですね。

 

オークションとして一番有名なのはヤフオクです。

他にもラクマやモバオク、メルカリなどの

オークションサイトがありますね。

 

オークションでの稼ぎ方は主に転売が中心となります。

転売とは、文字通り他で安く買って高く売る。

その差額が利益となるというわけです。

 

オークションでの転売の方法は2種類あります。

1つは他のネットショップなどで商品を安く買ってきて、

オークションに出品して高く落札させて利益を得る方法。

 

もう1つはオークションで商品を安く落札して、

落札した商品を他のネットショップなどに出品して高く売る方法。

この2通りの稼ぎ方があります。

 

オークションのメリットとは?

・通常価格より高く売れる、通常価格より安く買える

オークションでは価格を自分次第で変えることができます。

他のネットショップで販売するとなると

価格はもうすでに決まっている状態で出品しますから

それ以上の価格で売れることはありません。

 

逆に買う立場であっても

表示価格より安くで買えるという事はありません。

 

しかし、オークションの場合であると

入札者次第によって通常価格よりも

高く落札してもらうことも可能です。

 

また、落札する場合でも値下げ交渉をするなどをして

通常よりも安い価格で購入することが可能です。

 

・無料ではじめられる

オークションは落札手数料や月会費は多少かかってしまうのですが、

基本無料ではじめられます。

 

ネットショップを開業して商品を販売するなどとなると

まずホームページを立ち上げないといけないし

経費がけっこうかかってしまいます。

 

その点、オークションはほぼ無料で気軽にできるので

この点はメリットであるでしょう。

 

・アクセスが集まりやすい

オークションはアクセスが集まりやすいというのもメリットです。

大手のヤフオクなどのオークションサイトでは

リピーターの客がたくさんいますので、

ヤフオクに商品を出品することで

多くのお客さんに見られるわけです。

 

しかし、ネットショップを新しく作ってはじめるとなると

サイトが育っていないころは全くお客さんが集まりません。

 

そもそも、そのショップの存在自体を

知らないということが多いでしょう。

なので最初はアクセスを集めるのが難しいのです。

 

・オークションサイトが無くなれば稼げない

これは当然のことですが、オークションサイトが

無くなればかせげなくなります。

 

これはプラットフォーム依存のビジネスであるということですね。

この点は少なからずデメリットとなるでしよう。

 

・梱包や発送の作業が面倒

オークションで商品を販売する場合、

梱包や発送を全部自分でやらないといけないです。

これがなかなか手間となるでしょう。

 

Amazonなどのネットショップで販売する場合は

梱包や発送を全てAmazonに

任せることができるのでこの手間は省けます。

 

・お客様対応をする必要がある

これもそうですね。落札をしてもらったお客さんに対して

落札代金の入金から商品発送、

商品到着までを対応しないといけません。

 

ヤフオクではこのお客様対応が

最小限で済むような仕組みが取り入れられ大分と楽になりました。

しかし、やはりある程度の対応は必要となります。

 

オークションの注意点

・規約を守ってアカウントが剥奪されないように気を付けること

オークションをビジネスでやるにあたって注意が必要なことは、

規約違反をしないようにするということです。

 

規約違反をしてしまうとアカウントが剥奪されてしまいます。

つまりは、今後、そのオークションサイトで

商品を出品できないようになるという事ですね。

 

特に売り手側としてオークションサイトを使う場合は、

規約が厳しいので要注意です。

 

買い手側としては、ふつうの取引をしていれば

アカウント剥奪までになることはほぼないです。

 

ネット副業資金を作るには最適な手法です

誰でも家に不用品はあるはずです。

読まなくなった本、聞かなくなったCD,切ることのない洋服などなど・・・

 

そういった不用品をオークションで販売し、

その資金をもとにネット副業を始めてはいかがでしょうか。

僕も不用品を販売して資金を作りました。

 

ブログライター

ブログライターとは依頼された題の

文章をパソコンを使って書き、

自分のブログなどに投稿することです。

 

記事内容は特定商品をアフィリエイトをするという内容のものや

指定されたテーマにそった記事を書くことが多いです。

 

データ入力ではただ与えられた

データを写すだけでいいのですが、

ライターのお仕事では自分で

一から文章を考えて書いていきます。

 

その分、高単価も期待できます。

 

普通のライターとの違いは

自分のブログに記事を投稿をするのか、

記事をそのまま納品するのかという違いです。

 

ただ、ブログライターはココナラや

クラウドワークス、ランサーズなどで

仕事を選んで受けることができます。

 

なのでライターのように審査の上で

特定企業や人に雇ってもらうという形ではないので

報酬は低く、難易度も高くないです。

 

ブログライターのメリットとは

・誰でもできる

フリーライターと違いブログライターは誰でもできます。

文章作成において求められるルールさえしっかりと守れば

文章の質を問われることはありません。

なので文章に自信がないという人でも

お仕事をすることが可能です。

 

・ポイントサイトよりは稼げる

ポイントサイトよりは少し高単価になる傾向があります。

ポイントサイトは何も考えずにクリックをしたり、

サイトに登録をするだけで稼げるのに対し

ブログライターは文章の質は問われないまでも

自分で文章を考えて書かないといけないので

報酬もその分高くなります。

 

・文章作成の能力がつく

ブログライターは文章を自分で考えて書く仕事なので

少なからず文章作成の能力とタイピング能力はついてきます。

 

ただ文章の質は問われないので、

ブログライターをやっていても

質の高い文章を書けるように

なるかというとそうとは限りません。

 

ブログライターのデメリットとは

・各案件ごとに頭を切り替えるのが面倒

ブログライターの場合、

1案件につき200文字以内とかそういうものが多いので、

200文字を書き終えるとまた他の別のジャンルの

記事を書くという事になります。

 

なので、頭の切り替えが大変です。

フリーライターのお仕事ですとある程度

同じジャンルの偽ばかりを書くことになりますし

1記事の文字数も多いのでスラスラと書くことができますが

ブログライターは各案件ごとに

全くジャンルが違うのでコスパが悪くなります。

 

・フリーライターと比べると報酬は少ない

ブログライターはポイントサイトと比べると高報酬なのですが、

フリーライターと比べると圧倒的に報酬が少ないです。

 

その上フリーライターよりもコスパが悪いので

さらに稼ぎにくくなるでしょう。

 

文字数が少ない方がいい文章の質に

審査がない方がいいという方にとっては

ブログライターでやるのがいいでしょう。

 

・書く分野を選べない

先程も述べましたが、ブログライターの場合ジャンルがバラバラです。

メールによって、案件が送られて来るのですが

ジャンル指定はできないです。

 

選りすぐりをしてもいいのですが

そうすれば作業ができる案件が少なくなってしまいます。

 

自分の無知のジャンルの記事を書こうとすると

記事を書く前に自分で情報収集を

しないといけないですしなかなか面倒になるでしょう。

 

・執筆ルールを守らないとせっかく書いても報酬にならない

各案件には、文字数が何文字以内で、~というキーワードを入れて、

画像を何枚入れて、と色々指示があるわけです。

当然その指示を守っていない記事は報酬が発生しません。

各案件ごとに指示はもちろん違いますので、

 

その指示を毎回読んで記事を

書くというのはなかなか面倒な作業となります。

それが面倒だという方には

ブログライターは向いていないでしょう。

 

ブログライターの注意点

とくにはないです。

 

FX

FXとは、「外国為替証拠金取引」の略称のことであり、

日本円とドル円など異なった

2つの通貨を売買する取引になります。

 

例えば、わかりやすく米ドルで例えると1ドル100円の時は、

1000ドル=10万円となり

1ドル120円の時は1000ドル=12万円になります。

 

つまり1ドル100円の時に10万円でドルを買っておいて、

1ドル120円になった時にドルを売って日本円に戻せば2万円の利益。

 

逆に1ドル100円の時にドルを円に変えておいて、

1ドル120円になった時に円をドルに戻した場合

2万円の損失となります。

 

このように上がるか下がるかを予想して

2国間の通貨を取引することで利益を得るのがFXです。

(私も実践し、多くの利益をだすことができています)

 

FXのメリットとは

・投入金額よりも多くの額を扱える

FXのメリットとしては、

投入金額よりも多くの額でトレードができるという事です。

これをレバレッジといいます。

日本のFX会社だと、だいたい20倍のレバレッジがつきます。

 

つまり投入金額が10万円だった場合は

20倍の200万円でトレードができるという事です。

 

投資資金が20倍になれば、勝った時に得られる利益も20倍になります。

なので、少ない資金ではじめても

多くの利益を得ることができるのです。

 

・24時間トレードが可能

FXは24時間トレードが可能です。

24時間いつでもトレードができるため

チャンスがたくさんあります。

 

ただトレードができるのは平日のみです。

土日は稼働していません。

 

・少額からでも可能

これは先程のレバレッジがFXにはあるためです。

だいたい1万円もあればFXをはじめることができます。

 

FXのデメリットとは

・投入金額以上に負債になる場合がある

FXでは投入金額以上に

負債を抱えることがあります。

これはレバレッジがある事が原因です。

 

レバレッジはメリットにもなりますが、

デメリットになります。

 

先程書いたようにレバレッジが20倍の場合、

勝てば利益も20倍になります。

しかし、負ければこれも負債が20倍になります。

 

なので大きく負けてしまうと、

投入金額以上の負債になってしまうかもしれないです。

 

ただ、これは「損切り」をするなどの

リスク管理することで避けることができます。

 

「損切り」とは、負けがこれ以上大きくならないように

途中でトレードを止めるということです。

 

これをする事で、投入金額以上に負債に

なるということはほぼなくなります。

 

FX会社によっては自動で損切りをしてくれる所もあります。

つまり、そういうFX会社を使えば投入金額以上に負債になるという

心配もなくトレードをすることが可能となります。

 

FXの注意点

・利益ばかりを追求しない方がいい

FXではリスク管理がとても重要になります。

このリスク管理ができない事が原因で

気づいたら大金を負けていたという人も多くいます。

リスク管理とは負けを最小限に抑えるという事です。

 

負けている時にもう少しで元に戻るだろうと欲張って、

結局戻らずにさらに負債が大きくなるというのが

リスク管理ができていない例です。

 

欲を出さずに適切に損切りをして

リスク管理をする事が重要となります。

 

勝っている時も急に相場が大きく変動して、

一気に負けに転じる場合もありますので

ある程度の所で勝ち逃げをすると

自分の中でルールを作っておくと安定したトレードになります。

 

・FX会社の中には詐欺的な会社もある

これはバイナリーオプションにも当てはまるのですが

一部のFX会社は悪徳なことがあります。

 

具体的にはトレードで勝っても出金ができなかったり

問い合わせをしてもまったく返信が返ってこなかったり、

そういう会社もあります。

 

特に海外の会社の場合に多いのでFXをはじめる場合は、

まずネットの口コミなども参考にして

安全な会社で講座を開設することが重要です。

 

バイナリーオプション

バイナリーオプションとは

簡単に言えばFXの簡易バージョンみたいなもので

海外通貨取引の投資です。

 

今の通貨価格から次の時間に下がるのか、

上がるのかを予想して、予想した側にベットをします。

そして、予想が的中した場合ベットした金額が約2倍となって返ってくる。

つまり利率100%で、予想が外れた場合はベットした金額は没収ということになります。

カジノのルーレットやバカラで、勝てばベット金額が2倍になって返ってきて、

負ければ没収というのと同じで、非常に単純なゲームみたいなものです。

バイナリーオプションのメリットとは

・ルールが簡単である

バイナリーオプションはルールが本当に単純です。

次の時間に通貨価格が上がるか下がるかを予想するというだけです。

なので、投資の中では初心者でも気軽に

できる投資として注目をされています。

 

・少額からトレードできる

バイナリーオプションは最少であると50円から投資を出来ます。

株式投資などであると最低でも3万円~5万円を

用意しないとスタートできませんが、

50円という少額でも始められるので

初心者の方もリスクが少なく安心でしょう。

 

・投入金額以上にマイナスになることはない

バイナリーオプションでは投入金額以上にマイナスになるという事はありません。

というのもバイナリーではレバレッジを掛けないからです。

レバレッジというのは、自分の持ち金の数倍の取引を出来るということで

要するには信用取引のことです。

 

レバレッジを掛けることで、勝った時の利益は大きくなりますが、

逆に負けた時の負債もその分大きくなるということで、

レバレッジを掛けた投資の場合、最悪、マイナスになる、

自分の投入金額以上の負債を抱えることになるということもあり得るのです。

バイナリーオプションでは、そのレバレッジが無いため、

負債が投入金額までに抑えられるため、安心してできます。

 

・短期間で結果がでる

バイナリーオプションは、早くて1分遅くても

1,2時間には一回のトレードが終了します。

なので、1日中パソコンにトレード画面に張り付いている必要がなく、

決まった時間にパッパッとトレードを完結することができるので、

忙しいサラリーマンなどでもできる投資となっています。

 

バイナリーオプションのデメリットとは

・胴元が得をするように作られている

バイナリーオプションは見た目上は勝率50%になっているように思えますが

実際はそうではありません。

というのも、勝った時でも、報酬が2倍出もらえるという事はなく

業者に手数料として何割か取られていきます。

対して、負けた時は全額没収です。

つまり業者の方が得をする仕組みになっているのですね。

 

・勝つか負けるかの一発勝負

バイナリーオプションは一発勝負です。勝てばいいですが、負ければ全額没収です。

対して、FXなどは、トレード画面を見ていて、「負けるかも~」と思った時に、「損切り」ができます。

「損切り」とは、負けをここまでに抑えるということですね。

なので、負債額を調節できますが、

バイナリーの場合は負ければ全額負債となるため

そこがデメリットであると言えるでしょう。

 

バイナリーオプションの注意点

バイナリーオプションはメリットでもあげました通り、

リスクが少なく、気軽にできる投資となっています。

だからと言って、ギャンブル感覚でやっていても勝てません。

しっかりと戦略を立ててやっていく必要があります。

 

BUYMA(バイマ)

BUYMA(バイマ)とはファッション関連に特化した通販サイトであり

日本未入荷の商品や海外でしか手に入らない商品を日本にいながら

ネットで注文を出来るというのが売りとなっている通販サイトです。

 

BUYMA(バイマ)で稼ぐとは、

海外のネットショップで海外ブランド物を安く仕入れてバイマで高く売る。

海外で直接買い付けをして、バイマで販売をするという方法があります。

つまりは転売業です。

 

BUYMA(バイマ)のメリットとは

・無在庫販売が可能である

バイマの最大のメリットは無在庫転売が可能であるという所にあるでしょう。

他のオークションやネットショップでは基本的に無在庫転売は禁止されているのですが、

バイマでは正式に無在庫転売が許可されています。無在庫転売ができるという事は、

在庫のリスクがないということですね。

この点でリスクが少なく、安心してできるというメリットがあります。

 

・初期費用がかからない

バイマでは登録費用や初期費用が一切かかりません。

商品が売れた時にだけ、手数料が取られます。

前述どおり、バイマでは無在庫転売が可能なので

仕入れ金もあまり必要ないのですね。

 

商品が売れた場合、購入者からお金を頂く前に

商品を購入しないといけないので

その分のお金は必要ですが、すでに売れている商品であり

購入者が代金を支払ってから仕入れをするのでリスクはありません。

つまり、最初に売れた商品の購入代金分のお金さえあれば、

バイマをはじめることができるということです。

 

・英語はそんなにできなくていい

バイマでビジネスをする上で英語の能力はそんなに必要ではないです。

海外で現地仕入れをする場合は、

英語の能力は日常会話ができる程度には必要かもしれませんが、

海外のネットショップで日本にいながら仕入れをする場合は、

わからない単語が出てきたら、すぐにネットで調べればいいですし、

サイト翻訳機能を使えば、簡単に購入ができます。

バイマも完全に日本語で出品できますし

サポートのスタッフも日本人なので、問題はありません。

 

BUYMA(バイマ)のデメリットとは

・検品や発送作業が必要

検品や出品は必要になります。海外で現地で仕入れる場合は、

商品を購入して、包装をして、お客様の元へ発送をする。

 

日本にいながら、海外のネットショップで仕入れをする場合は、

まず自分の自宅に商品を届けてもらって、

届いた商品を検品をし、包装し直して

お客様の元へ発送する必要があります。

ここが少し面倒な部分であるかもしれません。

 

・出品できる商品が限られている

バイマはファッションに特化した通販サイトなので、

ファッション以外のものは出品することができません。

なので、ファッション関連、ブランド品が特に苦手で、

もっと他の商品を自由に扱いたい方にとっては

やっていて苦痛になるかもしれません。

 

ヤフオクやAmazonであるとあらゆる

ジャンルのものを出品できるのですが、

バイマは出品できる商品が限られている分

デメリットであると言えるでしょう。

 

BUYMA(バイマ)の注意点

・ブランド商品は偽物に注意

バイマで出品をする上で注意が必要なのが、

ブランド品で偽物を間違えて発送しないようにするということです。

もし偽物を間違えて発送してしまうと、返品をされることはもちろんのこと、

バイマアカウントを停止される場合もあります。

 

返品をされてしまうと、その分、赤字となります。

ブランド品は単価が高いので、1つの赤字も大きくなります。

 

偽物を買わないようにするためには、

信頼のできる評判のいいお店や

ネットショップで買うという必要があります。

そこだけ注意していれば大丈夫なので、

特に神経質になる必要もないとは思います。

 

輸入ビジネス

輸入ビジネスとは海外から商品を

安く仕入れて日本で高く売るというビジネスです。

主には海外のAmazonやネットショップ、

海外のオークションサイト(イーベイ)などから商品を仕入れて、

日本のAmazonやヤフオクで売るという形になります。

これはアメリカからの輸入ですが、

他に輸入ビジネスで主流とされているのが中国輸入ビジネスです。

 

中国輸入ビジネスでは、商品を中国の

ネットショップ(タオバオ、アリババ)から仕入れます。

ネットで仕入れる以外にも、現地で仕入れるという方法があります。

この方法の場合、自分で仕入れに行くのでもいいですし、

現地の人を雇って仕入れを代行してもらうというのも有りです。

上手く独占販売の契約が取れれば、安定して稼ぐことができます。

 

輸入ビジネスのメリットとは

・外国語ができなくても可能

輸入ビジネスは外国語がいるのではないかと思われるかもしれませんが、

実際の所、外国語はそんなに必要ではないです。

Googleの自動翻訳機能を使えば、普通に読み取ることができますし、

商品を購入することさえできればいいので、そこまで外国語のスキルは不要です。

 

・報酬が発生するのが早い

これは物販の全般に言えることですが、報酬が発生するのが早いです。

なぜなら、商品が売れれば、その時点で報酬になるからです。

商品が売れるか売れないかも、事前にツールを使えばわかります。

「モノレート」というツールがあって、それに商品名を入力すると

Amazonで月に何個売れているのかが分かるので

その通りに仕入れれば、ほぼ確実に売れるわけです。

 

なので、初報酬が発生するまでが非常に早いです。

アフィリエイトだと、まずブログやサイトを育てないといけない、

自分への信頼度を上げないといけないので

なかなか初報酬が発生するまでに時間がかかります。

初期費用が多少かかってもいいから、

早めに稼ぎたいという方は輸入ビジネスなどの

物販業をやるのがいいでしょう。

 

輸入ビジネスのデメリット

・商品リサーチに時間がかかる

輸入ビジネスに限らず物販の全般に

言えることですが商品のリサーチが命です。

売れる商品でありかつ利益が取れる商品を選んで仕入れをします。

後は仕入れさえすればその使用品が

売れることは分かっているため利益が確定します。

なので、リサーチが全てなのです。

ですがこのリサーチが非常に面倒な作業のです。

 

一つずつ商品を検索にかけて、

日本のネットショップの価格差を見るという繰り返しです。

そして、実際に利益が出る商品はほとんど見つかりません。

なのでリサーチが大嫌いで

物販を止めてしまうという人が多いです。

 

・初期費用がかかる

これは物販をする上で商品を仕入れないといけないので、

そのための資金が必要になります。

 

・商品が不良品や破損している場合もある

特に中国からの商品に多いですが、

商品が不良品であったり、破損していたりする事があります。

他に飛行機で運ばれて来る間に破損してしまったという可能性もあります。

 

・手数料や送料が国内輸入より高くかかる

これは当然のことで、海外から輸入する分、

それだけ送料も手数料も高くかかります。それらが高くなると、つまりは利益が低くなります。

なので、手数料や送料分も踏まえた利益の撮れる商品を見つけないといけないので、

より商品リサーチが困難となります。

 

輸入ビジネスの注意点

・ブランドものは偽物の可能性があるので注意

輸入ビジネスにおいて、ブランド品を扱う場合は注意が必要です。

輸入ビジネスでブランド品を扱う代表例が「バイマ」ですね。

特に中国からブランド品は仕入れない方がいいです。

中国で販売されているブランド品は偽物が非常に多いので、

ブランド品を仕入れる場合は中国は除きましょう。

 

輸出ビジネス

輸出ビジネスは単純に考えると輸入ビジネスの逆です。

日本のAmazonやヤフオクなどのネットショップ、または店舗で仕入れて

海外のイーベイやAmazonで販売をするという物販業です。

 

輸出ビジネスのメリット

・ライバルが少なめ

輸出ビジネスは、海外のサイトで販売をするという事で、

ハードルが高いので、ライバルが少ない傾向にあります。

 

海外のサイトで販売をするとなると

商品説明文も外国語で表記する必要がありますし、

お客様対応も外国語でしないといけないからですね。

ライバルが少ないという事は、価格競争などがあまりないというわけで、

英語がある程度できる方なら、

輸入転売や国内転売よりもこちらを挑戦するのもいいでしょう。

 

・世界の人を相手に販売できる

輸出ビジネスはこれが大きなメリットとなるかもしれません。

輸入ビジネスや国内転売ですと

販売対象は日本国内1億人に限られますが、

輸出ビジネスだと、対象が英語圏、世界中60億人となるわけです。

つまりは、単純に考えると、60倍の収入を見込めるというわけになります。

日本の商品は世界的にも高い評価を得ているので、

上手く販売をすると大きく儲けられる可能性があります。

 

・日本のブランド力を生かせる

これは前述どおりで、日本のブランドは高い評価を得ています。

なので、日本で販売されている価格よりも高く売れる可能性が高いという事です。

事実、日本の100円ショップに売っているようなものが、

海外オークションサイトの「イーベイ」で1000円で売れるということもあります。

 

・無在庫でできる

無在庫でできるというのは、物販におけるデメリットである在庫リスクや、

それによる赤字を回避できるので、ノーリスクでできることとなります。

無在庫でできるという事で、資金がなくてもすることができますし、

大量の商品を出品することができます。

なので、その分、売れる可能性も高くなり、収入もアップするでしょう。

 

輸出ビジネスのデメリット

・英語での対応や商品説明が必要

これが輸入ビジネスの障壁として大きいと思います。

海外のネットショップで販売する以上、ある程度英語ができないといけません。

海外のAmazonで販売する場合はある程度はAmazonに任せておけばいいかもしれませんが、

海外オークションの「イーベイ」ど販売する場合は、お客様対応をしっかりとしないといけません。

英語で質問をされてもスムーズに英語で答えられるくらいの英語力は必要かもしれないです。

 

・商品リサーチが特に困難

輸出ビジネスは商品リサーチが困難というのも、参入の障壁となるでしょう。

というのも、海外で売るわけですから、日本の商品リサーチツールは使えないのです。

そして、現状、輸出ビジネス用の商品リサーチツールはあまり無いので、

商品リサーチが困難になるというわけです。

 

物販においては、商品リサーチが鍵となるので、その商品リサーチがやり辛いとなると、

商品のリサーチに時間がかかってしまい、出品できる商品数も少なくなってしまいます。

結果として、収入も少なくなってしまうわけです。

 

輸出ビジネスの注意点

・アカウント凍結に注意すること

無在庫であるという事から、大量に出品できるのですが、

その時に注意が必要なのが、アカウントの凍結です。

特にAmazonでは、評価が悪いセラーはアカウントの凍結になりやすいです。

 

大量に無在庫で出品をしていると、商品が売れた時に、まず仕入れないといけません。

多くの商品が売れると対応が追い付かずに、商品の発送が遅れることになると、

評価が悪くなり、その結果、アカウントの凍結するリスクが高くなります。

輸出ビジネスをする場合は注意が必要となるでしょう。

 

せどり

せどりとは、主に店舗やネットから古本や古DVD、CD、家電などを安く仕入れをして

高く販売をするというビジネスです。

せどり先の店舗として有名なのが、ブックオフです。

ブックオフでの販売価格とAmazonや

他のネットショップの販売価格を比較して、

利益が見込まれる場合に商品を仕入れるという方法です。

 

 

莫大な商品の中から探すのはとても時間がかかりそうですが、

バーコードを読み取るだけで

販売価格と月間売上数がすぐに表示されるアプリもあり、

商品の知識がない人でも簡単にできるようになっています。

 

せどりのメリット

・きわめて簡単である

せどりでは、店舗に行って、利益が出る商品を見つけて、

仕入れをするだけなので、きわめて難易度が低いです。

せどり用のアプリもバーコードを読み取るだけの超簡単な仕組みとなっているので、誰でも使えます。

せどりはネットビジネスの入門的なビジネスであると言えるでしょう。

 

・リスクが少ない

せどりは、すでに売れるとわかった上で仕入れを行うためリスクがとても少ないです。

仕入れるのにお金はかかりますが、その商品が

すでに売れるということがわかっていれば安心なのではないでしょうか。

ツールを使えば仕入れてから、

どのくらいの期間で商品が売れるかまでもわかるのでより確実です。

 

・結果が出るまでが早い

せどりはネットビジネスの中では、即金系のビジネスであると言われています。

なぜなら、すぐに売れるものだけを仕入れるからです。

なのですぐに結果が出るということになります。

 

・完全在宅でできる

現在は「電脳せどり」という手法もあり、ネットショップやオークションから商品を仕入れ、

アマゾンで販売することができるので自宅でPC1台あればできます。

 

せどりのデメリットとは

店舗やネットで商品を仕入れないと販売できないので、資金が必要となります。

やはり仕入れ資金があればあるほど、たくさんの商品を仕入れることができ利益も拡大します。

資金が無い場合は、自己アフィリエイトやオークションで資金を作るとよいでしょう。

 

せどりの注意点

・しっかりと商品が売れるかどうか見極めなければならない

仕入れた商品が売れないと赤字になってしまいます。

なので、商品が売れる、売れないかを見極める力を身につけれなければなりません。

 

・商品の状態をよく確認したほうがよい

中古で本やDVD、CDを仕入れする場合、注意が必要なのが、付属品です。

例えば、教育本では、付属品として、解答解説の冊子はついているか、

DVDでは、限定特典が付属しているかなど、注意して見てから仕入れる必要があります。

付属品がついて無い場合は、価格が下がってしまったり、最悪は、売ることができない場合もあります。

 

せどりを学びたいと思うなら

一番大きな成果をだせたのが「せどり」です。

今現在、何を始めたらよいか迷っているのなら、

せどりをはじめてみるとよいです。

せどりを一から学びたいならこちらに登録

 

LINEスタンプ作成

LINEスタンプ作成とは、

要するにはラインスタンプを作成して、

クリエイターズスタンプとして、ラインショップに販売をするということですね。

作成者に入る報酬は販売価格の5割となっています。

つまり、ラインスタンプを100円で販売して、

売れた場合は、その半分の50円が自分の儲けとなります。

 

LINEスタンプ作成のメリット

・簡単に作れる

ラインスタンプのメリットとしては簡単に作れるということがあります。

例えば、アプリ作成であるとプログラミングの知識が無ないと難しいです。

電子書籍をストアで販売するにしても

電子書籍を書く内容の知識が必要です。

 

それに対して、ラインスタンプは

簡単に言えば絵を描けさえすればいいのです。

絵なんて、なんの知識もなくても

各々好きなように描けますよね

それを40個書けば、1つのスタンプとして

申請ができるので非常に簡単というわけです。

(クリエイターズスタンプに申請するためには

40個のスタンプを用意する必要があります)

 

・ヒットすれば一攫千金が望める

ラインスタンプは一度ヒットしてしまうと、莫大な収入を得ることが可能になります。

2015年の時点で、ラインクリエイターズスタンプの売り上げ上位が発表されたのですが、

上位10位までの平均売上額が1億円となっています。

つまりは、作成者はその半分の5000万円をすでに手にしているというわけです。

ラインスタンプを作ったあとは何もしていないでしょうから、完全に自動収入です。

ヒットするスタンプは限られていますが、

もしヒットすればかなり魅力的な収入となります。

 

LINEスタンプ作成のデメリット

・画力がないと作れない?

画力がないと作れないというのは当然あるでしょう。

下手な絵であっても味のある絵であると買う人もいるかもしれませんが、ただ下手な場合であると誰も買いません。

では、画力が無ければ、出来ないのかというと、そうでもないです。

クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングで

デザイナーの人を雇って作ってもらうのもいいですし、

最近では、ラインスタンプを代行で作ってくれる

会社もあるのでそういう所に任せれば大丈夫です。

 

・審査が厳しい

ラインスタンプは審査が厳しいというのがあります。

これは当然で、何でもかんでも審査を通していると

ラインスタンプ市場が無法地帯になってしまうので

ある程度厳格な審査を取り入れています。

 

せっかく40個ものスタンプを頑張って作ったのに、

審査に通らずに作り直しになるということもあり得るということなのです。

むしろ、初心者が何の知識もなしに自分で作った場合、審査に落ちる確率は極めて高いです。

なので、ここがデメリットとなるでしょう。

ここは企業に相談するか、

すでにラインスタンプの審査に通ったことのある

個人の方に聞くのが手っ取り早いでしょう。

 

LINEスタンプ作成の注意点

特になし。

 

ドロップシッピング

ドロップショッピングとは、見た目は物販業と同じです。

つまり、自分で商品のページを用意して、自分で価格を決めて、

注文があれば、お客様と対応をして、という感じです。

 

ですが、通常の物販業と違う所は、在庫を抱える必要がないということと、

商品発送をする必要はないという事です。

在庫の管理や商品発送は全て業者が行います。

なので、商品を宣伝して、売るというだけでいいのです。

 

これはアフィリエイトとよく似ていますね。

ただ、アフィリエイトとの違いは、自分で報酬価格を決定できるという事です。

 

アフィリエイトの場合は、報酬価格はすでに決まっていますが、

ドロップシッピングの場合は、商品価格を自分で決められるために、

アフィリエイトよりも報酬面では高くなります。

 

ドロップシッピングのメリット

・在庫を抱える必要がない

ドロップシッピングは卸し業者が在庫管理をしているので、

自宅で在庫を抱える必要がありません。

商品が売れれば、卸し業者に売れた商品を連絡すれば、

後は業者がお客さんのもとへ商品を発送してくれます。

販売価格から卸し価格を引いた金額が、自分の報酬となります。

 

・初期費用がほぼ掛からない

在庫を抱える必要がないという事は、

あらかじめ商品を仕入れておく必要がないという事です。

つまり、仕入れ資金などがかかりません。

 

通常の物販であると、販売をする前に、その販売する商品を仕入れる必要があります。

そこでお金が必要となりますが、

ドロップシッピングの場合は仕入れの必要がないので、費用が掛かりません。

 

・アフィリエイトよりも高利益を見込める

アフィリエイトの場合は報酬価格を広告主側が決めているため、

その報酬額は低い価格で設定されています。

しかし、ドロップシッピングの場合は、自分で販売価格を決められるために、

利益は単価あたりの利益はアフィリエイトよりも高くすることができます。

 

・仕入れリサーチの必要がない

ドロップシッピングでは、販売する商品がすでに用意されていて、

後は、その卸し価格に利益を上乗せして販売をする だけなので、

仕入れリサーチをする必要がありません。

仕入れリサーチとは、自分の売りたい商品が安い価格で売っているお店を探して(リサーチ)して、

仕入れをするという事で、通常の物販業ですと、この仕入れリサーチが必要となります。

対して、ドロップシッピングの場合は仕入れリサーチが無いため、

その分時間に余裕ができます。

 

ドロップシッピングのデメリット

・価格が高いのでなかなか売れにくい

ドロップシッピングの場合、卸し価格に利益を上乗せするため、

商品価格が高くなりがちです。

そのため、その商品を販売するネットショップに

価格負けしてしまうという可能性が高くなります。

 

・扱える商品が限られている

ドロップシッピングでは、扱える商品が卸し業者にある商品のみとなっているため、

当然、扱える商品にも限りがあります。

通常の物販業ですと、色々な所から多くの種類の商品を仕入れる事ができますので、

その分、売れやすくなります。

そこが、ドロップシッピングのデメリットと言えるでしょう。

 

・返品になった場合、負債になる可能性がある

一部の卸し業者ですと、お客さんが商品を返品した場合に、

その返金額が自己負担となる場合があります。

この場合、負債となることがあります。

 

ドロップシッピングの注意点

・ある程度の責任感を伴う

ドロップシッピングは在庫を抱える必要もなく、

初期費用も必要がないが、アフィリエイトよりも報酬が良いと

条件の良いビジネスであるように見えます。

しかし、アフィリエイトと対して、お客様対応をしないといけない、

返品されたら、きちんと対応をして最悪、自己負担で返金しないといけない。

 

クレーム対応にきちんと対応しないといけないなどの、

物販業と同じような責任感が必要となります。

なので、生半可な気持ちではできないビジネスであると言えるでしょう。

 

ネットショップ

ネットショップとは、ホームページを作ってネット通販をする事です。

販売ホームページを作って、販売する商品を仕入れて、

商品ページを作って販売をする。

商品が売れれば包装をして発送する。ということですね。

 

ドロップショッピングやアフィリエイトとの違いは在庫を抱えるということと、

初期費用が掛かるという事です。

つまり赤字になる可能性があります。

そして、最大の違いは業者などの誰にも関与せずに

人で経営をしていくという事です。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、

ASPや卸し業者を挟みますが、ネットショップですと誰も挟みません。

全て自分で行う必要があります。

 

ネットショップのメリットとは?

・多数の商品を扱える

ネットショップは扱える商品は無限大です。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、扱える商品は、

その提携業者が扱っている物もののみとなりますが、

ネットショップは、業者と提携せずに個人で運営するため、

どこからでも商品を仕入れる事ができます。

 

・一度軌道に乗れば売上が安定しやすい

ネットショップは一度軌道に乗って、

サイトが上位表示されると、安定した売り上げを上げる事ができます。

それは、リピーター客がつくなどの影響もあります。

リピーターをかくとくすれば、毎月の安定的な収入を確保する事ができます。

そのためにも、扱う商品はなるべく、消耗品の方が回転数が良くなります。

・個人の媒体なので無くなることはない

個人で運営している媒体なので、誰かに消されるという心配がありません。

つまり、やった作業が確実に積み重なっていくという事です。これは個人運営の大きなメリットでしょう。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、ASPや卸し業者と契約してビジネスが成り立っています。

 

なので、あちら側から、契約を切られてしまうと

その時点でビジネスはできなくなります。

その他、ASPですと、広告提携が切れたり、

卸し業者ですと、業者が倒産したりした場合もビジネスの継続はできなくなります。

そういう意味で、ネットショップは成功すると

安定して稼ぎ続ける事ができるでしょう。

 

ネットショップのデメリット

・在庫を抱えることになる

ネットショップのデメリットは在庫を抱えないといけないという事です。

仕入れた商品を在庫として保管しておいて、商品が売れた場合に発送します。

もし、商品が売れずに、在庫だけが残った場合は赤字になります。そういうデメリットがあります。

 

・初期費用がかかる

ネットショップをはじめるには、初期費用が掛かります。

まずショップのホームページを立ち上げるのに、いくらかかかります。

そして、商品を仕入れるのに、またお金がかかります。

あまりお金に余裕がないという方は少し厳しいビジネスであると言えるでしょう。

 

・豊富なネット技術がないと厳しい

ネットショップを経営していくには、やはりネット技術が必要となってきます。

まず、ホームページを立ち上げる際に、HTMLやCSSと言った知識が必要となります。

ショップのホームページもデザインの良いもの、使いやすいものにしないと、

お客さんも購入しにくくなるので、デザインや設備の取り入れの知識も必要となるでしょう。

 

人を雇って、ここら辺を全部やってもらうというのもいいかもしれません。ですが、

自分でネットショップをこれから運営していくことになるので、

これらの知識は平均以上にはできるようになっておかないと厳しいでしょう。

 

ネットショップの注意点

・はじめから上手くはいかない

ネットショップでは、ショップホームページを作って、

商品を出品したからといって簡単に売れるようなものではありません。

作り立てのホームページはまだまだ弱い(検索上位表示されない)ので、

ホームページ内のコンテンツ量を増やしたり、

SNSを使ってネットショップの宣伝をしたり、お金に余裕のある方なら、

有料広告を使って宣伝をしたりと、地道な努力が必要です。

 

他にもネットショップはたくさんあるのですから、

自分のネットショップで商品を買いたいと思わせる工夫が必要です。

それは安さであったり、取り扱っている商品の珍しさであったりの要因があります。

すぐに売れるだろうと思って最初に大量に商品を仕入れたりしてしまうと、

売れずに赤字になってしまうかもしれないです。

そこは注意した方がいいでしょう。

 

株投資

まず、株とは、株式会社が事業資金を調達するために発行するもので、

投資家に株を買ってもらい、その資金によって事業を起こしていきます。

株を企業から買うことで、投資家はどうやって儲けるのか?

ですがこれは主に2種類あります。

1つは企業から配当金を受け取るということです。

 

これは企業から投資家に対して年に1,2回支払われるもので、

企業の儲けの数パーセントを株保有者に配当します。

 

もう1つが株を転売するということです。

この方法が一般に言われる株式投資であります。

要するには、株価が安い時に買って、株価が高い時に売るということです。

この差額が利益となるということです。

他にも、株を持つと株主優待と言って、

その企業のサービスを無料か格安で

受けられる権利をもらえるなどの仕組みもあります。

 

株投資のメリットとは

・得られる利益が多様である

株式投資が他の投資と大きく違う所は、得られる利益の種類が多いという事です。

株式投資で得られる利益は、配当金、転売による利益、株主優待による利益があります。

つまり、利益を得られるチャンスは3通りあるという事です。

 

FX投資やバイナリーオプションであると、

次の時間に通過価格が上がるか下がるかを予想して、予想が的中すれば儲けが出るという1つですよね。

対して、株式投資の場合は3つもあるというのが、メリットと言えます。

 

・経済の流れに詳しくなる

株式投資をやっていく中で、世界情勢についてや、

日本経済の流れについて情報を得るためにニュースや新聞を読んだり、

各企業が販売する商品を見て、今の流行を汲み取ったりと、

自然と経済の流れに精通するようになります。

 

そうなると、今まで興味がなかった分野にも関心を持つようになったり、

そういう日本経済の難しい話にも入っていけるようになったりして、世界観が開けます。

つまり、自己成長ができるというのも株式投資のメリットであるでしょう。

 

・不労所得収入にできる

株式投資は不労所得にする事ができます。

というのも、株式投資には配当金という利益があるためです。

配当金は年に1回か2回もらえるのですが、

これは株を持っていて、その企業が倒産しない限り、ずっともらえます。

なので、株を持っていさえすれば、不労所得として、

年に1,2回お金をもらえるという事です。

 

株投資のデメリット

・初期費用が他の投資と比べて高い

株式投資を始めるには初期費用として最低5万円は用意しないと買えません。

何故かというと、株は1株単位では販売してくれないからです。

10株や100株での単位でしか売ってくれないので、ある程度の資金が必要となります。

FXやバイナリーオプションであると、

1万円あれば始められるのですが、株式投資はそこがデメリットとなるでしょう。

 

・会社が倒産すれば株はただの紙切れとなる

株をたくさん持っていたとしても、

その企業が倒産してしまえば、その株はただの紙切れとなり、何の価値もなくなります。

これはデメリットであると言えるでしょう。

ただし、上場企業の株を買っていれば、そうそう倒産する事もありませんでしょうから、

ここのデメリットに関してはかろうじて回避できるものとなっています。

 

株投資の注意点

株式投資では、一度に大金を投資することとなります。

なので、負けた際にはその分、負債額も大きくなるという事です。

つまり、他の投資にも当てはまることですが、

余剰資金で行うべきです。余剰資金なら、仮に負けたとしても、被害は少ないです。

 

生活費を全部、株式投資に賭けてしまうなんて事をしてしまうと、

負けた時に最悪借金になることもあるので、要注意です。

特に、株式投資での信用取引は大きなリスクを伴うので、

初心者の方は、信用取引はするべきではありません。

 

日経225先物取引

日経225先物取引とは、先物取引の一種であり、

取り扱う物が日経225(日経平均株価)であるということである。

先物取引とは文字通り「先の物に対する取引」です。

つまりは、将来にその商品の価格がいくらになるかを予想し、その商品を買うかどうかを決めるということです。

 

例えば、今のその商品の価格が1000円だったとし、

将来に価格が上がると予想し、その商品を現在の価格1000円で将来に買うとします。

そして、将来に予想通り価格が上がり商品価格が1100円になったとします。

すると、100円の利益になるということです。

 

逆に、価格が900円と下がると、100円の損失になります。

日経225先物取引の場合は、

その商品が日経225(日経平均株価)であるということになります。

日経平均株価が将来に上がるのか、

下がるのかを予想し投資するものが日経225先物取引です。

 

日経225先物取引のメリット

・レバレッジが効くので初期費用は少額で可能

日経225先物取引はFXと同じく、レバレッジを掛けることができます。

レバレッジを掛けるとは、自分の持ち金以上のお金でトレードを出来るという事です。

 

このレバレッジの仕組みがあるため、小資金からでも始められようになっています。

日経225先物取引ではレバレッジが10倍まで掛けられるので、

利益も10倍になるということです。

 

・24時間取引ができる

これもFXと同じで、24時間いつでもトレードをすることが可能です。

ただし、土日は市場がお休みなため、トレードをする事はできません。

24時間いつでもトレードができるため、

忙しい方でも、都合のつく時間にいつでもできるのがメリットと言えるでしょう。

 

・銘柄を選ぶ必要がない

日経225先物取引は株式投資のように銘柄選びをする必要がありません。

株式投資の場合は銘柄選びが難しいのですが、

日経225先物取引は銘柄がすでに「日経225(日経平均株価)」と決まっているため、

他に選択肢がないのです。

 

・株式投資のような倒産のリスクがない

日経225先物取引は株式投資のように特定の企業に投資するというものではないので、

倒産するというリスクがないです。

つまり、一気に投資資金がゼロになるという事はないということです。

 

日経225先物取引のデメリット

・レバレッジが効くため投資金以上にマイナスになる場合がある

レバレッジを掛ける事で、勝った時には、

利益も倍々になるのですが、逆に負けた時も損失は倍々になります。

つまりは、投資金額以上の損失になるという事もあり得るという事です。

これはデメリットであると言えるでしょう。

 

ここはFXと同じです。仮にレバレッジを10倍にして、

投資金額が100万円としましょう。この場合、

レバレッジにより投資金額1000万円で取引できることとなります。

これで負けるとマイナス1000万円となります。これがレバレッジの恐ろしい所です。

ただ、最近はマイナスになる前に強制的に損切りをしてくれるトレード会社もあるので、

リスクは最小に抑えられるようになっています。

 

日経225先物取引の注意点

・資金管理をしっかりとする

上述のように、日経225先物取引ではレバレッジが効くため、

負けた時の損失が大きくなってしまいます。

なので、損切りをしっかりとして、

損失を膨らませないようにする必要があります。

 

損切りが間に合わずに相場が急変してしまうと、

一瞬にして大きな負債を抱えることとなる場合もあります。

そういうリスクを伴っていると理解してやるべきでしょう。

ちなみに、レバレッジの倍率は個人で調節できるので、

自信がない方は、低い倍率に設定しておけば

安心してトレードができるでしょう。

 

情報起業

情報起業とは、自分で情報商材を作成し

それを販売して収益を得るというビジネスです。

情報商材とは、「~で稼ぐ方法」や「恋人を作る方法」、

「小顔になる方法」といった情報をPDFやワードに書いたものです。

 

その情報を知りたい人が購入します。

一見すると市販の本とあまり違いがないように思えるかもしれませんが、

情報商材の相場価格は高く、一本辺り一万円くらいで売ることができます。

なので、人気のある情報商材を作ることができれば

大きく稼ぐことが可能となります。

 

 

情報起業のメリット

・初期費用がかからない

情報起業のメリットとしては、初期費用がかからない事です。

ワードなどの商品データを作成するためのものと、

後は売るための情報,知識がありさえすれば情報商材は作ることができます。

 

・経費がかからない

経費がかからないというのもメリットです。通常、書籍を販売するとなると、

人件費や出版会社に対する報酬などの経費が掛かりますし、

売れない場合は在庫を抱えるリスクもあります。

しかし、情報販売であると、データなので、在庫を抱えるという事がなく、

データをメールなどで送るだけなので、人件費がかからずに個人で行う事が可能です。

 

・利益率が高い

情報販売は利益率が高いというのが、最大のメリットとなるでしょう。

情報販売は経費がかからないので、売れた場合はほぼ100%が利益となります。

さらに、単価価格の相場がとても高いです。

 

通常の市販されている書籍の価格の相場は1000円~2000円くらいだと思います。

しかし、情報商材の価格相場は1万円~2万円となっています。

単価報酬がものすごく高く、

経費がかからないというのがメリットであると言えます。

 

情報起業のデメリット

・売れる情報を持っていないといけない

情報起業は売れる情報や知識を持っていないとはじめることができません。

なぜなら、それらを持っていないと情報商材が作れないからです。

情報起業は情報商材がありきで成り立つビジネスですから、

それを無くしてビジネスをはじめることはできません。

 

・最初は集客するのに苦労する

最初はなかなか思うようには売れないです。

最近の情報商材には詐欺的な内容のものも多いですし、

情報商材は毎日ぞくぞくと新規販売されています。

自分の情報商材が詐欺では無いということを伝え、

さらに、他の情報商材に勝る情報でないとなかなか売る事は難しいでしょう。

 

自分の商材が人気が出て、評判がよくなると、

あとはアフィリエイターやネットの口コミで広まっていくので、楽になるでしょう。

 

情報起業の注意点

・健全な情報販売をする

最近は情報商材の中身よりも見た目でインパクトを持たせて売るというものが増えてきました。

ようするに、誇大広告というものです。

販売ページに「再現性100%」「誰でも稼げる」「初日で何百万稼げる」と謳い、

購入させるが、実際には稼げないものだった。

 

販売ページに書いているのとは全くかけ離れている情報だったというものが多いです。

いわゆる詐欺商材というものですね。

確かに、魅力的な偽の謳い文句をつけると売れる確率は高くなります。

しかし、それは詐欺行為ですので、やってはならないことです。

情報起業をする際はこういう違法行為をすることなく健全に行わなくてはいけないです。

 

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、Googleの提供している

クリック報酬型の広告サービスのことです。

クリック報酬型広告とは、

その広告がクリックされるだけで報酬が発生するというものです。

1クリックされると、平均で30円くらいの報酬になります。

 

Googleアドセンスのメリット

・クリックされだけでいいので難易度が低い

Googleアドセンスはクリック報酬型なので、広告をクリックするだけで報酬が発生します。

通常のアフィリエイトなどであると、クリックされた上に、

その商品を購入してもらわないと報酬にはなりません。

Googleはその個人の検索履歴などから、個人の興味のありそうな広告を自動で表示してくれるので、

こちらは何もすることなく、広告を張っているだけで、安定してクリックをしてくれるようにできています。

 

・報酬発生までが早い

クリックしてくれるだけでいいので、初報酬までがとても早いです。

早ければ初日、遅くとも1週間以内には初報酬をゲットできるようになるでしょう。

 

・クリック単価が高い

クリック報酬型の広告を提供している会社は

Google以外にもいくつかあるのですが、

Googleアドセンスのクリック単価が圧倒的に高いです。

Googleアドセンスのクリック単価は平均30円くらいなのに対して、

他の企業の広告のクリック単価は10円くらいと、3倍近くの差があります。

 

・Google社が提供するものなので安心

Googleアドセンスで稼ぐ上で、これもメリットと言えるでしょう。

Googleが運営する広告なので、不具合が起こるという事がほぼ無く、

途中で終了する心配もほぼ無いです。

報酬が振り込まれない、

報酬がきちんと期日に振り込まれないという心配もなく、安心して利用できます。

Googleアドセンスのデメリット

・厳正な審査に通らないとできない

Googleアドセンスでビジネスをはじめるには、

まず厳正な審査に合格する必要があります。

その審査とは、Googleアドセンスの広告を張りたい

ブログやサイトをGoogleに提出して、

Googleが独自の基準で、そのサイトを審査します。

そして、基準に満たしていないサイトは広告を貼る許可をもらえません。

ただ、審査を受けるのは何回でもできますので、

不合格だった原因を修正して、再提出すれば、大抵は合格します。

 

・報酬が振り込まれるまでに一か月かかる

Googleアドセンスの報酬は月末締めの翌月末払いです。

つまり、報酬発生から1ヶ月くらいかかります。

これはデメリットと言えるでしょう。

ただ、他のアフィリエイトは大概、

報酬が振り込まれるまでに2ヶ月かかるので

それよりはマシであるでしょう。

 

Googleアドセンスの注意点

・規約をしっかり読んで規約違反をしないようにすること

Googleアドセンスにおいて、一番怖いのが、アドセンス剥奪です。

規約違反をしていたりするブログやサイトは酷い場合、アドセンスが剥奪されます。

つまり、もう二度とGoogleアドセンスの広告を使えないということになります。

 

アドセンスが剥奪された場合、再申請をしても却下されるので、

自分の名前で再びGoogleアドセンスのアカウントを取ることはできなくなります。

 

そうならないためにも、

Googleアドセンスの規約をしっかりと読んで

規約違反にならないように対策を取る必要があります。

例えば、「1記事内に広告を3つ以上貼ってはいけない」

「著作権違反の画像や動画を貼ってはいけない」などがあります。

大丈夫だと思っていても、無意識に規約違反をしていて、

気づいたらアカウント剥奪されていたということもあるので、注意しましょう。

 

NAVERまとめ

NAVERまとめとは、キュレーションサイトと言い、

様々な情報をネットから取ってきて、

それらを繋ぎ合わせることで一つの記事を完成させます。

色々な分野のまとめ記事が公開されているサイトが

「NAVERまとめ」です。

 

NAVERまとめでは、無料の会員登録をすることで、

誰でもまとめ記事を作成し、

NAVERまとめ上に公開することができます。

そして、アクセス数に応じて、広告収入が支払われます。

これがNAVERまとめで稼ぐ方法の収入源となります。

 

「NAVERまとめ」のメリットとは

・ページを表示されるだけで報酬が発生する

NAVERまとめのメリットとしては、ページが表示されるだけで報酬が発生するということです。

アフィリエイトであると広告をクリックして、さらに商品を購入してもらわないと報酬は発生しません。

 

Googleアドセンスであると、広告をクリックしてもらわないと報酬は発生しません。

ということで、ページが表示されるだけで

報酬が発生するというのは最も難易度が低いということになります。

つまりは、アクセス数が全て報酬になるということですね。

 

・ネットから情報を取ってきてまとめるだけなので、自分で文章などを考える必要がない

ここもメリットであると言えるでしょう。「NAVERまとめ」ではまとめ記事を作成するので、

他のサイトから文章を引用したり、ツイッターなどのSNSからネタを取って来たりして、

それを組み合わせることで1記事が完成します。

 

そして、この記事にアクセスが集まると報酬が発生します。

ブログやサイトの場合ですと、自分で文章を考えて書かないといけないので、

まとめ記事のようには簡単には書けません。

その点、NAVERまとめは文章を考える必要がないので、

自分で文章を書くのは嫌いという方には最適なビジネスであると思います。

 

・アクセスが集まりやすい

NAVERまとめでは、アクセスが非常に集まりやすいです。

何故かと言うと、NAVERまとめという媒体に記事を投稿するからです。これは例えると、

すでに検索上位でトップに来ているサイトやブログに自分の書いた記事を載せられるということです。

当然、アクセスも集まりやすいという事はわかるでしょう。

 

実際にネットで何かを検索した時に「NAVERまとめ」の記事が検索上位に来ていることが多いと思います。

対して、自分でサイトやブログを作るとなると、

サイトやブログが育っていない段階で記事を投稿しても、ほとんどアクセスは集まりません。

 

記事数を増やして検索上位に持って来るまでにかなりの時間を要します。

その点、NAVERまとめを使うとすでに検索上位にあるわけですから、

たとえ作成が1記事目であっても、アクセスが集まりやすいわけです。

 

・色んなジャンルで記事作成ができる

「NAVERまとめ」を使ったことがある人はわかると思いますが、

ほんとうに色んなジャンルの記事があります。

NAVERまとめでは、禁止されているジャンル以外の場合、

どんなジャンルの記事を作ってもいいのです。

 

なので、気分によって様々なジャンルの記事作成が可能となります。

ブログやサイトだと、サイトのテーマに沿った内容の記事

でないと書けないということになりがちですので、

全く違うジャンルの記事は書きにくいです。

 

「NAVERまとめ」のデメリットとは

・NAVERまとめがなくなってしまうと稼げなくなる

当然ですが、NAVERまとめが無くなってしまうと稼げなくなります。

この点はやはりデメリットでしょうね。

無くならないとは思いますが、100%ではないです。

つまりは、NAVERまとめに命運がかかっているということです。

 

こういうのをプラットフォーム依存と言います。プラットフォームに依存するものは、

プラットフォーム自体が無くなると当然稼げなくなりますが、

それ以外にも、そのプラットフォームの規約変更などによって稼げなくなるということもあるのです。

 

・アクセス辺りの単価報酬が少ない

NAVERまとめではページが表示されるだけ、

つまりアクセスが集まるだけで稼げるというのが利点ですが、

その難易度が低い分、やはり単価報酬も低いです。

Googleアドセンスの場合だと、単価報酬は30円です。

 

つまり、広告がクリックされれば1件につき30円がもらえるということです。

対してNAVERまとめでは、1アクセスにつき報酬は0.02円です。

これはつまり、100アクセスで2円、1万アクセスで200円ということになります。

NAVERまとめは個人のブログなどよりはアクセスが集めやすいというメリットはあるのですが、

アクセス単価報酬が低いというのがデメリットであるでしょう。

 

・大きく稼ぐのは難しい

単価報酬か少ないので、大きく稼ぐことは難しいのです。

1万アクセスで200円ということですから、

月に10万円を稼ぎたいとなると、単純計算で500万アクセスが必要となります。

 

月に500万アクセスも集めるのはかなり難しいです。

500万アクセスがあって、やっと10万円ですから、

NAVERまとめの広告収入で大きく稼ぐのは難しいという事がわかるでしょう。

 

「NAVERまとめ」の注意点

特になし

 

アンケートモニター

アンケートモニターとは、

簡単に言うとアンケートを答えることで、

そのお礼として報酬がもらえるというビジネスのことです。

なぜアンケートに答えただけでお金がもらえるかと言うと、

企業は大衆の意見や大衆の

求めているものについての情報が欲しいためです。

 

例えば、アンケートの例として、

「この2つの商品のうち、あなたはどちらを購入したいですか?」

というものがあります。

 

これに多くの方に応えてもらって、

より多くの方が購入したいと思った商品を販売する事に決定する。

簡単に言うとそういうことです。

なので、企業側はお金を払ってでもそういう意見を集めたいということです。

こちらは、ネットでアンケートに答えて報酬をもらうパターンですが、

外に出られる方なら、生命保険のアンケートや

エステサロンなどより高単価なアンケート案件もあります。

 

アンケートモニターのメリット

・アンケートに答えれば必ず報酬がもらえる

アンケートモニターのメリットは作業をした分、必ず報酬がもらえるという事です。

一部、エステモニターなので、条件に当てはまらない場合は報酬が発生しないという事もあるのですが、

それ以外は100%報酬がもらえます。

 

他のネットビジネスであるとそうではないです。

アフィリエイトであると、作業をしてもお客さんが商品を購入しない限りは報酬が発生しません。

投資系であると、トレードで勝たなければ報酬が発生しないですし、最悪の場合はマイナスになります。

なので、必ず報酬がもらえるので、作業を確実に収入にしていきたい方にはおススメでしょう。

・企業の最新情報を知ることができる

これもメリットであると言えます。アンケートに答えていると、

企業の新発売の商品や、最新情報をいち早く手にすることができます。

他に、エステのモニターですと、最新技術のエステをただで、

しかも、報酬をもらえて受けることも可能です。

・外に出られる方なら非常に高単価な案件がある

ネットで答えるアンケートですと、報酬単価はほんとうに少ないのですが、

エステのモニターや、生命保険のアンケートだと報酬単価が高いです。

つまり、外に出られる方だと、短時間で多くを稼ぐ事ができるのがメリットです。

例えば、生命保険であると、2時間程の面談を受けるだけで、1万円ももらえます。

エステのモニターでも、30分ほどのエステを受けて

アンケートに答えるだけで5000円なんてもらえます。

時給に換算すると約5000円ほどになります。

これは高単価であると言えるのではないでしようか。

アンケートモニターのデメリット

・報酬単価は少ない

外に出てアンケートに答える案件だと、報酬単価は高いですが、

ネットだけで済ますアンケートは報酬単価が10円~100円と極めて安いです。

なので、時給換算にすると、低時給になるかもしれませんが、

アンケートに答えるだけで報酬がもらえるので、仕方がないでしょう。

 

・多く稼ぐことはできない

報酬単価が低いという事と後述の作業量が

限られているという事から多くを稼ぐ事は出来ないです。

なので、アンケートモニターで毎月安定して稼ぐという事は出来ないので、

お小遣い稼ぎ程度に考えた方がいいでしょう。

 

・作業量が限られている

公開されている案件は限りがあります。案件は日々更新される事はされるのですが、

そんなに毎日更新されるというような事はないので、作業量に限りがあります。

作業をしてしまうと、新しい案件が公開されるまでは詐欺用ができないという事になります。

 

そして、作業は何回でもできる分けではありません。

たとえばエステモニターでも「初回の方のみ」という条件があり、1度きりです。

なので、単発的に報酬を得るためにはいいかもしれないです。

 

アンケートモニターの注意点

特にないです。

 

ポイントサイト

ポイントサイトで稼ぐとは、アプリをダウンロードしたり、

アンケートに答えたり、簡単な記事を作成したり、

クレジットカードに登録をしたりすると、報酬がもらえるというものです。

簡単に言うと、アンケートモニターと自己アフィリエイト、ブログライターが全部詰まったものという感じです。

 

報酬はポイントとしてもらえて、ポイントは現金やアマゾンポイントと交換できます。

空いた時間に気軽にお小遣い稼ぎができるので、

主婦層を中心に人気の副業となっています。

ポイントサイトのメリット

・確実にお金を稼ぐ事ができる

ポイントサイトは作業をすれば確実に稼ぐ事ができます。

これは自己アフィリエイトやアンケートモニターと同じです。

なので、ネットを使った事がないという初心者の方でも、差がなく作業した分だけ稼げます。

 

・無料で稼げる

これもメリットではあるでしょう。一部、資金がいる案件もありますが、

基本的には、ほぼ全部の案件を無料出取り組むことができます。

 

・上手く使えば不労所得にもできる

ここは難易度が少し高くなるのですが、

ポイントサイトには紹介制度というものがあります。要するにアフィリエイトです。

ポイントサイトをブログやサイト、

SNSを通じて人に紹介をして、登録をしてもらうと自分に報酬が入ります。

 

その報酬がなかなか魅力的で、

その人がポイントサイトで稼いだ金額の

30%~50%の報酬を手にすることができます。

例えば、その人がポイントサイトで20万円を稼いだとすると

自分には6万円~10万円の報酬が入るというわけです。

1人につきこれだけの報酬が入ると考えると、

他のアフィリエイト案件よりもずば抜けて高単価と言えます。

アフィリエイトする技術がある人は

この稼ぎ方も視野に入れるといいでしょう。

ポイントサイトのデメリット

・報酬単価は低いものが大半

ポイントサイトでは、報酬単価が低いものが多いです。

例えばアプリをダウンロードして50円とか、資料請求をして300円とか、そういうものが多いです。

クレジットカードを登録したりすると、1件で1万円とか入って来るのですが、

そういう単価の高い案件は少ないです。

 

・短期的にしか稼ぐことができない

これは自己アフィリエイトやアンケートモニターでも言えることですが、

1案件につき、1回きりしか作業ができません。

つまり、1度作業を全てしてしまえば、もう終わり、

新たな案件が出てくるまでは稼ぐ事ができません。

そういう意味で、毎月安定して報酬が得られるというような副業ではありません。

 

・メールが大量に来る

資料請求をしたり、サイトの会員登録をしたりするという案件が多数あり、

そういう案件をこなしていると、メールが大量に毎日来るということになります。

メールの受信を解除したり、使わないメールアドレスで登録をすればいいのですが、

そういうのが面倒という方はやめておくのがいいでしょう。

 

・個人情報を公開しないといけない場合もある

これも大きなデメリットとなるでしょう。クレジットカードを登録したり、

資料請求をしたりすると、自分の名前や住所を登録するという事になります。

クレジットカードの場合であると、下手したら職場に連絡がいく場合もあります。

資料請求で自分の住所を登録すると、

その後から、その企業から勧誘のはがきや資料が定期的に来ることとなります。

 

たった300円のためにこんなことをしたくないという人はやらない方がいいでしょう。

住所を教えるだけで300円もらえるなら良いのでは、と思った人は問題ないでしょう。

大手のポイントサイトを使っていれば、悪徳な企業などが混じっているという事はないので、

住所を教えても悪用されるという心配はまずないですが、

それでも不安な人はやめておくべきでしょう。

ポイントサイトの注意点

特になし

おすすめのポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

募集型在宅ワーク

募集型在宅ワークとは要するに「クラウドソーシング」のことですね。

有名なクラウドソーシングで言うと、ランサーズやクラウドワークスと言うものがあり、

在宅でできるお仕事案件が多数公開されています。

 

クラウドソーシングは審査などなく誰でも登録することができ、お仕事の一覧を見て、

気になるお仕事があれば、志望動機や自己PRなどを書いて応募します。

見事当選した場合に、お仕事開始という流れになります。

 

実績がない頃はなかなか当選しにくいですが

お仕事は日々、安定的に新しいものが更新されてくるので、

お仕事選びで困る心配はありません。

 

募集型在宅ワークのメリット

・在宅で仕事ができる

募集型在宅ワークのメリットはやはり自宅にいながらお仕事できるという事でしょう。

主婦で外に働きに行くようなまとまった時間が取れないという方や、

高齢のため外での肉体労働などは出来ない方、

病気のため外に出ることができない方などにおススメのビジネスであると言えます。

 

・作業をした分安定して稼げる

募集型在宅ワークは作業ノルマをこなした分だけ着々と収入になります。

これは外でのアルバイトとほぼ同じです。

ただ、外でのアルバイトの場合はほとんどが時給制なのに対し、

募集型在宅ワークの場合はほとんどが歩合制です。

 

これは能力がある人にとってはプラスとなりますが、

能力のない人、作業スピードの遅い人にとってはマイナスとなるでしょう。

いずれにせよ、アフィリエイトのように作業をしても稼げないということはないので、

やった分だけ確実に稼ぎたいという方は募集型在宅ワークがおススメでしょう。

 

・ネット技術が身に着く

これもなかなかメリットとなると思います。募集型在宅ワークの案件には、

データ入力やプログラミング、文章作成、動画作成、画像編集、営業などがあるのですが、

そのような作業をこなしていくうちに、自然とネット技術が身についてきます。

 

企業によってはマニュアル付きで指導をしてくれる所もあるので、

きちんとした技術を身に着けることができます。

報酬も貰えて、ネットスキルも身に着くということを考えると、

なかなか良いのではないでしょうか。

 

・上手くいけば外でのアルバイトよりも高時給になる

実績がついて来ると、報酬単価を上げてくれるというクライアントもいます。

なので、クライアントに長く雇ってもらい、

実績がついて来て、報酬単価が上がると、

普通に外でアルバイトをしているよりも高時給になることも可能です。

 

募集型在宅ワークのデメリット

・ネット技術がないと稼げないものも多い

これはデメリットと言えるでしょう。仕事に応募する際に自己PRを書きます。

そこで、自分のネットスキルや実績について書くのですが、

何もネットスキルや実績が無いと書く事がありませんし、

そういう場合、当選するのは難しいので、

最初の頃はなかなか苦労をするかもしれないです。

 

・作業をしないと稼げない(自動収入にはならない)

募集型在宅ワークも外でのアルバイトと同様に、

作業をしない限りは報酬が発生しません。

なので、自動収入が欲しいという方は他のアフィリエイトなどの

自動収入が可能なビジネスを選択するべきです。

募集型在宅ワークの注意点

お仕事の応募はほどほどにしておきましょう

たくさん稼ぐために大量にお仕事応募するという人もいますが、

自分のこなせる程度に抑えておく方がいいです。

お仕事を引き受けてから、結局時間が取れないという事になると、

悪い評価が付いたりして、不利になるので

計画的に無理のない量でお仕事に応募するべきでしょう。

 

データ入力

データ入力とは文字通り、

パソコンを使ってデータを打ち込むというお仕事です。

企業のデータなどをエクセルやワードにタイピング入力をする仕事です。

お仕事形態は2つあって、外に勤めに行く場合と自宅でする場合とがあります。

 

時給報酬は2つともそんなに変わりませんが、

祖とに勤めに行く場合は時給制で

自宅でする場合は歩合制というのが多いです。

外で勤めたい場合は、バイトの求人誌や

バイトサイトなどでデータ入力のお仕事を探して応募します。

時給は900円~1200円というのが相場でそんなに悪くないかと思います。

自宅で勤めたい場合はクラウドソーシング(募集型在宅ワーク)のサイトで応募をしましょう。

自宅で働きたい、歩合制でどんどんと作業をしたいという方はこちらがおススメです。

 

データ入力のメリット

・人と絡まなくていい

営業をしたり接客をしたり、人と話をするのが苦手と言う方にはおススメなお仕事であると言えるでしょう。

データ入力のお仕事は自宅で働く場合はもちろんのこと、外に働きに行く場合でも、

作業をしている環境が違うだけで、やる事はひたすらデータをパソコンに入力をするということだけです。

なので、人と絡むことなく、お仕事が完結します。

自分で黙々と作業するのが得意と言う方には、良いお仕事であると思います。

 

・タイピング能力が身に着く

これはメリットとなるでしょう。これからはネット社会となっていくわけですから、

タイピング能力があると、損をするという事はまずないです。

データ入力では、何かを考えるという事がなく、ひたすら、

与えられたデータをパソコンに入力していきます。

なので、一週間もやっていると嫌でもタイピングのスピードは速くなるでしょう。

 

・自宅でも仕事ができる

データ入力は外に働きに行く場合も有れば、在宅でできる場合もあります。

これはクラウドソーシング(募集型在宅ワーク)と同じです。

つまりはパソコンさえあれば、どこにいてもお仕事ができるというわけですから、何も自宅に限らずとも、

公園のベンチや、旅行中などでも、お仕事をしたいという時にパソコンがあればできます。

これはメリットであると言えるでしょう。

データ入力のデメリットとは

・ひたすらデータを入力するので、疲労感が強い

データ入力は何も考えずに、

ただただデータをパソコンに入力をするという機械的な動作になるので、

疲労感が非常にたまります。

 

普通のアルバイトであると、体を動かし、

お客さんが来ない時はちょっと休憩したりということができるのですが、

データ入力の場合は相手はお客さんではなくデータであるため、常に仕事があります。

1時間集中してタイピングをしているとかなり疲れるでしょう。そのためにも、

時給は普通のアルバイトよりも高めとなっているのかもしれません。

 

・じっとしているのが嫌いな人には辛い

前述のとおり、データ入力はパソコンの前に座って、

ひたすらデータを入力するというお仕事です。なので集中力が必要です。

集中力がないという方や、動かずにパソコンの前でじっとしているのが苦手という方にとっては

苦痛となるお仕事ですので、辞めておいた方がいいでしょう。

 

・タイピングスピードによって報酬が大きく変わる

外で働く場合はほとんどが時給制なので、

個人によって報酬が変わるという事はないのですが、

 

自宅でクラウドソーシングなどで受注する場合は、

歩合制なので、タイピングスピードが遅い人にとっては、満足に稼ぐ事はできません。

だいたいタイピングスピードが中の上くらいのレベルで時給1000円、

外で働きに行く場合の報酬と同じくらいになります。

タイピングスピードに自信がないという方は外でまず働きに行くのがいいでしょう。

データ入力の注意点

特になし。

 

CM視聴

CM視聴とは文字通り、

CMを見るだけで報酬がもらえるという副業になります。

最近はスマホアプリなどで、一般の人でも良く見る仕組みですね。

 

スマホゲームで「この15秒の動画を見るとコイン10個もらえる」

とかあってゲームのCMが流れたり、

もっと有名なのは、ラインのフリーコインですね。

企業のCMを見るとラインのポイントが何ポイントかもらえますね。

あれが、要するにはCM視聴の副業ということになります。

 

企業はCMを視聴してもらって、

そこから何人かの人がゲームアプリに登録をしてくれたり

商品を購入してくれればそれが利益となるのです。

そのためにCM視聴をしてくれるたびに

一回につき何円という経費を払っているのですね。

CM視聴の副業にとってはこれが報酬となるのです。

これらアプリは一時的なものですが、CM視聴で稼ぐとなると、

CM視聴のポイントサイトに登録をするということになります。

 

CM視聴のメリット

・CMを見るだけで稼げる

CM視聴の最大のメリットは、CMを見るだけで稼げるということでしょう。

CMを再生しているだけで、別にその間CMを見ている必要もないです。

 

ただただCMを再生するだけで報酬がもらえる、

これほど楽なお仕事は無いのではないでしょうか。

なので、CM視聴のお仕事は副業の中でも人気のあるお仕事となっています。

しかし、実際に報酬を計算すると、稼げる額は断トツで低いです。

 

・隙間時間に稼げる

CMを再生するだけなので、隙間時間に稼ぐ事ができます。別に音を出す必要もないので、

電車の中で暇なときなどに流しておくというのも有りですし、

家事の間にCM動画の再生ボタンをポチッと押しておいて流しておくのも有りです。

隙間時間に稼げるのが魅力的でしょう。

 

・企業の最新情報を得られる

これはアンケートモニターなどでも同じことが言えるのですが、

CM視聴をする事で企業の最新情報を得られることができます。

企業は自社の新商品を一気に広めようと、CM視聴を使います。なので、

CM視聴をしていると、各企業の最新情報を誰よりも早くキャッチできるのです。

 

例えばゲームアプリのCM視聴では

今まで全く興味がないと思っていたようなゲームのジャンルでも、

実際にCM動画でプレイ風景を見ることで

興味が湧き、新たな世界観が広がるということもあります。

そういう意味では、CM視聴はメリットとなると言えるでしょう。

 

CM視聴のデメリット

・報酬単価が低い

CM視聴は報酬単価が格段に低いです。ポイントサイトよりも低いでしょう。

何も考えずにCM視聴を視聴するだけ、もっと言えば視聴せずに流しておくだけでいいのですから、

その分、報酬が低くなるのも当然のことではあるでしょう。

 

実際に報酬がどれくらいかを言うと、2分ほどのCM視聴で5円くらいが相場です。

つまり、時給で換算をすると、150円という、かなりの低時給ということになります。

CM視聴を見ずに流しておくだけでOKとは言っても、

お金を稼ぐ目的でやるのなら、ふつうにアルバイトをしている方が断然マシですね。

 

CM視聴するだけで稼げるというと、条件の良いお仕事のように思えるかもしれませんが、

実際の所はこのようにほとんど稼ぐことはできません。

 

・案件数が少ない

案件数はそんなに多くはありません。CM視聴で多く稼ぐためには、

それなりに数をこなさないといけないというのは、

前述のとおりわかると思うのですが、その数がほとんどないわけです。

 

CM視聴も一度見てしまうと二度目に見ても報酬は発生しないので

一度限りとなります。

報酬単価が少ないですし、案件数も少ないので、

CM視聴で稼ぐというのは、非現実的なことであると思います。

 

CM視聴の注意点

特になし。

 

無料オファーアフィリエイト

無料オファーアフィリエイトとは

別名オプトインアフィリエイトともいい

無料の案件をブログやSNS、自身が持つメルマガなどで流して

それを見て、読者がメールアドレスを

登録してくれた場合に報酬が発生します。

 

案件の種類は主に稼ぐ系が多いです。

稼ぐ系のほかには恋愛、語学などのノウハウなどがあります。

 

メールアドレスを登録するだけで報酬がもらえるのはなぜかというと、

クライアント側はメールアドレスをゲットしてそのメールアドレスに対して、

商品の売り込みメールを流していくわけです。

 

そして、最終的に商品が購入されると利益となるわけです。

その商品単価が平均で30万円くらいと、

非常に高価となっているために一件辺りのアフィリエイト報酬として、

600円~2000円と高単価を支払うことが可能になるというわけです。

 

一案件の性か報酬は500円~2000円くらいとなっています。

無料の案件を登録してもらうだけなので、

難易度が低いわりに報酬単価が高いので、

人気のアフィリエイト分野となっています。

 

無料オファーアフィリエイトのメリット

・無料でできる

アフィリエイトでも同じことが言えるのですが、まず無料でできることがメリットとなるでしょう。

メルマガで無料オファーアフィリエイトをする場合は、

メルマガ代として月数千円がかかりますが、それ以外の資金はかかりません。

 

・報酬単価が高い

無料オファーアフィリエイトは前述でも示した通りの理由によって、

報酬単価が通じようのアフィリエイトよりも高いのがメリットです。

 

・通常のアフィリエイトより難易度が低い

通常のアフィリエイトであると、商品を購入してもらわないと報酬にならないのですが、

無料オファーアフィリエイトでは、無料登録をしてくれた時点で報酬が発生するので、

極めて難易度は低いです。

 

無料オファーアフィリエイトのデメリット

無料オファーアフィリエイトは案件が期間限定です。

だいたい1ヶ月前後のものが多いです。

 

通常のアフィリエイトであると、長期間にわたって案件が続くので、

その商品のアフィリエイト記事を書いてしまうとしばらくはいけるのですが、

無料オファーアフィリエイトの場合は案件の期間が短いので、

その案件が期限切れになってしまったら、次の案件のアフィリエイト記事を書かないといけません。

つまりは、不労所得雌雄乳にすることが難しいということです。

 

ブログやSNSでアフィリエイトリンクばかりを流していると嫌われるのと

同じように無料オファーアフィリエイトでもリンクばかりを流していると

読者からいい思いをされません。

なので、今までブログを読んでいても、再び訪問されることはなくなったり、

SNSだと、フォロー解除や、友達解除をされる可能性が高くなります。

 

無料オファーアフィリエイトの注意点

・詐欺的な案件も多いので、それを人に紹介するのは倫理的に問題がある

無料オファーアフィリエイトの案件は特に稼ぐ系では詐欺的な内容のものが多いです。

というより、9割がた詐欺的な内容です。

なので、それをわかっていながら、人におススメする記事を書いて登録をしてもらうというのは、

詐欺に加担をしているといいますか、倫理的に問題があると思います。

 

本当に自分がおススメできる案件であるとアフィリエイトしてもいいと思いますが、

何でもかんでもするというのは、ちょっと問題があると思いますし、読者の信頼を一気に落とします。

 

・報酬が支払われないASPも多い

無料オファーアフィリエイトのアフィリエイトセンター(ASP)の中には

アフィリエイトで成約を上げても報酬を支払わないASPもあります。

 

その原因は、無料オファーで、メールアドレスを登録してもらって、

最終的に高額商品を販売するのですが、その販売がうまくいかずに、

アフィリエイト経費を払ってしまうと赤字になるという場合に起こります。

 

その場合、ASPはアフィリエイターの成約を

承認にすることで報酬を支払わないようにします。

優良なASPであるとそういうことはないのですが、

マイナーなASPを選ぶとそういうことが起こり得るので注意が必要です。

 

ネットフリマ

ネットフリマとは最近流行ってきているフリマアプリを使っての

転売のことをネットビジネスでは指します。

フリマアプリと言えば、

有名なものでは「メルカリ」その次に有名なのが「ラクマ」と言った感じです。

 

ネットフリマの転売で稼ぐ方法は2つあります。

1つがネットフリマで仕入れて他のネットショップや

オークションで高値で販売をして利益を得る。

 

もう1つが、ネットショップやオークションで仕入れて、

ネットフリマで高値で販売をして利益を得るという方法です。

今回は代表的なフリマアプリ「メルカリ」を例として、

メリットとデメリットを書いていこうと思います。

 

ネットフリマのメリットとは

・出品が簡単

メルカリでは、CMなどで「3分で出品が完了」と言っているように、

本当に3分で出品が完了してしまいます。

 

他のネットショップと比べると、ヤフーオークションで1商品7,8分、

Amazonでは1使用品10分超、出品に要するため、

メルカリで出品をすると2,3倍は早くなるということです。

 

転売業をするとなると、出品数も多くなるので、

出品時間が短くて済むというのは、大きなメリットとなると思います。

 

・安く仕入れができる

メルカリは非常に安く仕入れることができます。

出品者も要らないものをフリマ感覚で売っていて、

商品販売の経験もあまりないので、安い価格設定になっています。

 

なので、メルカリから仕入れて他のネットショップで売ると、

高利益が得られる商品が多いという事で、

転売業をしている人にとってはとてもメリットとなるでしょう。

 

ネットフリマのデメリット

・手数料が高め

メルカリは手数料が非常に高額です。

ヤフオクの手数料が約5%なのに対して、メルカリの手数料は10%も取られます。

手数料が高いという事は、それだけ販売をしたときに利益が減るという事ですから、

デメリットとなるでしょう。

 

・ユーザーの質が悪い

ユーザーの質が悪いというのは、別に自分が販売する側であると、

販売をしなければいいだけの話ですから問題は無いのですが、

購入する側であると大問題です。

 

それは購入をして、お金を支払っても、商品をなかなか発送してこない、

発送してきても、その商品が破損している、もしくは、

商品説明に記載されている情報と全く違うものが届いたという事が多々あるそうです。

 

これは転売業をする人にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。

もし届いた商品が破損していたりすると、転売する事ができません。

なので、メルカリで仕入れをするのは要注意が必要です。

 

・いきなりアカウントが停止、削除になる

メルカリはいきなりアカウントが停止、

削除になることがあり出品できなくなります。

最近だとアカウントを復活させることは難しいです。

複数アカウントをもつことも難しいため、

一度停止になると出品することが難しくなります。

 

ネットフリマの注意点

・悪質な出品者が多いので注意

先程も書いたのですが、メルカリは現状、悪質な出品者が多いです。

平気で偽物ブランドの商品を高値で販売をしていたり、

破損しているものをはんばいしていたり

購入者への対応が全くなっていたりというのが多いです。

 

キチンと対応をしてくれる出品者ももちろんいるのですが

そういう人が多い傾向にあります。

なので、商品を購入する時は出品者の評価をよく確認するようにしましょう。

悪いの評価が多い人からは買わないのが吉です。

新規出品者も安心かどうかわからないのでなるべく避けるのがよいです。

 

試供品(サンプル)モニター

試供品モニターとは主にまだ市場で販売されていない、

企業の新商品をモニターとして、一定期間使用する、

または食品の場合は試食をする事で、

感想をレポートにまとめたり、アンケートに答えたりする仕事です。

 

お仕事方法は自宅にその対象商品が届く場合もあれば、

外に出向いて、とある会場で行われる場合があります。

こういうのを、座談会や、会場調査と言います。

自宅でのサンプルモニターよりも報酬が高い傾向にあります。

 

応募方法は、サンプルモニターのバイトを扱っている専門のサイトがあるので、

そこで、参加したいものを選択するというのが主流となります。

応募人数と試供品名が書いてあるので、気になるものに応募しましょう。

 

先着順のものの場合はその時点で当選です。

抽選のものの場合は抽選で選ばれれば当選です。

新しい案件が入って来るたびに自分にメールが

送信されるように設定をしておけば、

すばやく対応することができます。

まだ発売されていない商品を無料で使えて、

さらにはお金までもらえるという事で

主婦をはじめとして人気の副業となっています。

 

試供品(サンプル)モニターのメリット

・報酬単価が高めである

試供品モニターのメリットとしては、報酬が極めて高いということがあります。

特に、会場に出向く座談会や会場調査では報酬が高く、

時給換算で1000円~1500円にもなります。

対して、在宅での試供品モニターの場合は、報酬はそんなに高くないです。

 

企業によっては、報酬がその試供品のみという場合もあり、

高い収入は期待できません。むしろ、他のアンケートモニターなどよりも報酬は低いです。

なので、試供品モニターである程度のお金を稼ごうとするには、

座談会や会場調査といった外に出向いての試供品モニターに参加する必要があります。

 

・在宅ですることができる

試供品モニターは在宅のものだけを選べば在宅ですることができます。

ただし、在宅でする場合はヘう集はそこまで望めませんので、

新商品を楽しく試すくらいの気持ちでの参加という感じになるでしょう。

 

・新商品をいち早く試すことができる

これがメリットとしては大きいと思います。試供品モニターでは、

まだ市場に出回っていない商品を試すことができますし、

少なからず自分の意見によって、世に出回る商品が決まるということを考えれば、

非常にわくわくすることになるのではないでしょうか。

 

試供品が食べ物の場合であると、食費の節約にもなりますので、

節約目的でモニターに応募をしているという人も多くいます。

 

試供品(サンプル)モニターのデメリット

・人数に制限がある

試供品モニターには各案件で人数制限があります。

それは大抵先着順で決まっていきますので、極めて早く埋まってしまいます。

特に座談会や会場調査といった、報酬が高いものは、早く埋まる傾向が強いので、

逐一、新案件がないかどうかをチェックしておく必要があります。

 

そして、座談会や会場調査の場合は先着順にプラスして、

抽選で参加者が決められるので、早く応募したからといって、参加できるとは限りません。

なので、在宅での試供品モニターよりもさらに狭き門ということになります。

 

・安定した収入にはならない

座談会や会場調査に参加すると、

通常アルバイト以上の時給を獲得する事ができるのですが、

案件の数には制限がありますし、それも先着順であるために、

必ず参加できるというわけではありません。

 

なので、試供品モニターは安定した収入を得ようという方にとっては不向きです。

「ちょっとお小遣い稼ぎができればいいや、新商品も試せるし、抽選で外れたら、

別に次もう一回応募してみればいいや」というくらいの感覚でやるようなものであると思います。

 

試供品(サンプル)モニターの注意点

特になし
 

一番おすすめの副業とは?

ずばり、「せどり」です。

僕もせどりで大きな成果をだすことができました。

 

副業を探しているなら、

ぜひ取り組んでいただきたいと思っています。

 

1からせどりを学べる教科書をプレゼントしています。

こちらからご覧ください。

せどりの教科書を受けとる

 

サイト運営者


沖縄生まれ、東京在住のアラフォー。

今まで超絶ブラックの外食チェーンで働いたり、自分で店をだしたり不動産会社で働いたり。

今では月収1000万以上稼げるようになったり。

詳しいことはプロフィールで。

素顔が見れます笑


profile