確定申告の時期ということでブラックな節税方法

個人事業主のかたは

確定申告の時期ですね。

 

僕も独立2年目まではこの時期に

やっていました。

 

1年目に関しては

色々と失敗した記憶があります。

 

途中まで会社員だったため、

領収書やレシートをとっておく

という考えがなかったですね。

 

経費になるので、

領収書やレシートはちゃんと

とっておいたほうがよいです。

 

2年目からは確定申告に時間を

とられたくなかったため、

税理士にお願いしました。

 

資料が膨大だったため

15万ぐらいとられたと思います。

 

今は法人化して税理士に

丸投げしています。

 

領主書やクレジットの明細を

渡して記帳してもらっている

形ですね。

 

利益がでると税金として

もっていかれるのですが、

グレーというかブラックな

節税方法をお教えします。

 

それは身内から領収書を

もらうことです。

 

飲食代や消耗品などは

どの家庭でも使いますからね。

 

僕も節税のため

両親からもらおうと

考えたのですが、

沖縄と東京じゃ怪しいので

やりませんでした。

 

小さい会社ではそういうことを

やっているところは多いです。

 

社員から日常生活で使った

領収書を集めてそれを

経費にするという。

 

やるかやらないかはお任せしますが、

ブラックな節税方法なので

自己責任でお願いします。

 

では!


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください