空気が読めないと敬遠される

今日、いつも行っている

2000円で髪を切ってもらえる

店に行きました。

 

2000円だし20分ぐらいで終わるので

毎回そこに行っています。

 

そこに40代ぐらいのおばさんが

客としてきていたのですが、

色々と注文がうるさい笑

 

「前髪は今より1センチぐらい切って、

後ろの部分は~」

とかなり細かい。

 

切ってもらっているときも

色々と指示していました。

 

どれだけ2000円の店に

求めるんだと思いましたね。

 

僕は2000円以上の価値を感じて

その店に行っていますが、

10000円の価値は求めていません。

 

多少、思ったのと違っても

クレームも言いませんし。

2000円なので。

 

そういう空気が読めない人は

他の場所でも同じようなことを

やってしまいます。

 

そして、人が離れていきます。

 

空気が読めないと人が

離れていきますからね。

 

以前、一緒に居酒屋に行って

ささいなことで店員に

怒鳴った人がいたのですが、

その人とは2度と

関わりたくないと思い

連絡を絶ちました。

 

他にも色々とありましたが

空気が全然読めない人と

関わってもストレスが

たまるだけなので。

 

ちなみに空気が読めないのと

読まないのは全く違います。

 

読まないのは何か意図があって

読まないわけであって、

読めないわけではないです。

 

時には空気をよまないほうが

いいときもありますからね。

 

空気を読めないと思うなら、

「この発言、行動によって相手は

どう思うのか?」

と考える癖をつけるのが

一番いい方法なんじゃないかと

思います。

 

では!

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください