初めてのOEM商品に見切りをつけました

初のOEM商品は軌道に

のりそうでのらない状態から

だんだんと回転が落ちていったので

見切りをつけることにしました。

 

価格をぎりぎりまで下げて

広告をかけても回転がいまいち

なので多分もうこれはダメだなと。

 

ロゴをつけて写真も外注したりで

思いいれもあるのですが、

スパっと切って次に進むことにします。

 

得られたのは仕入れから

販売までの流れと

こうしたらうまくいかない

という経験ですね。

 

失敗の要因としては、

・ライバル商品よりも優位性がない

・差別化ができていない

・タイトルや検索キーワードの詰めの甘さ

などなどいっぱいあります。

 

この反省を次に活かしていきます。

 

こうやって失敗しても

中国輸入は仕入れ金額が安い分、

リスクは少ないです。

 

日本だと数千円で売られているものが

数百円で購入できますからね。

 

売れないと意味がないんですが、

Amazonで売れなくてもメルカリだと

売れることが多いです。

 

なので使った資金も回収しやすいです。

 

じゃあ、最初からメルカリで売れば

いいじゃんと思うのですが

なかなかにめんどくさい。

 

メルカリでAmazonのマルチチャネル使って送ると

アカウントが停止になるリスクが高いですし、

売れるたびに出品しなければいけません。

 

なのでたくさん売りたいなら

Amazonで売ったほうがいいわけです。

 

10万ぐらいを堅実に稼ぎたいならメルカリ、

それ以上稼ぎたいならアマゾンがいいですね。

 

メルカリほどじゃないですが、

ヤフオクもちょいちょい売れます。

 

最近、試しにラクマにも出品して

みたのですが全然売れないです。

 

とりあえずこれからもたくさん失敗して

泥臭く前に進んでいきますよ。

 

 

 

 

 

 

LINE@に登録されたかたには、

17800円で販売していた教材、電脳せどりファイナルメソッド」

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

「Amazonアカウント停止からの復活改善案テンプレート」

「メルカリで早く売れるためにやるべきこと10」

をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
ぜひ登録してみてください。

友だち追加

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください