沖縄おすすめ宿ランキングベスト20!沖縄旅行はここに宿泊すべし!


※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

「沖縄の宿」というと、

「青い海」から連想されるように、オーシャンフロント、

全室オーシャンビューの南国リゾート型ホテルを

思い浮かべますよね。

 

けれど沖縄を訪れる目的は、人それぞれで、

必ずしも海を目的に来るわけではないです。

 

また、訪れる人数も、その時の目的によってさまざまです。

 

ここでは、そんな個々人の事情を加味して、

ホテル、旅館、民宿という、おおよそ「宿」と呼べるものの中から、

特に訪れる人の気を引く宿をピックアップし、

ランキングにしてみました。

 

なかには、口コミサイトで評価の

低い宿もあるかもしれないです。

 

「口コミ」というものは、当日の天候や、

居合わせた客によって大きく左右されますからね。

 

あくまで参考にしつつ、

独自の分析を加えてランキングしてみた結果です。

 

沖縄観光雑誌

まっぷる 沖縄

 

目次

1位 ロワジールホテル那覇 ~ 空港至便のシティーリゾート

那覇市内にありながら、プールと天然温泉、

ショッピングモールや24時間営業のフィットネスジムを併設し、

そして自慢の料理を堪能できる。宴会場や会議室もあるから、

イベントや会議といったビジネスにも利用できます。

 

港までの利便性、那覇港を望むロケーション、

その他施設の充実度からみて利用価値の高いホテルです。

 

平均的なプランも9000円前後から、

と施設の充実度の割にはリーズナブルなのも、うれしいですね。

 

2位 百名伽藍(ひゃくながらん)~ 「海」と「緑」の静寂・・・

沖縄本島南部、全室オーシャンビューの「百名伽藍」は、

自然の音以外は何も無い、静寂に包まれたホテルである。

 

多くのリゾートホテルにありがちな設備は、

このホテルには無いです。あるのは、ただ、静寂だけ・・・

 

周囲の自然の空間、そして、このホテルのホスピタリティーは、

訪れた者から日々の喧騒を奪い去っていきます。

そして、ふと、気付きます。

自然の中で生かされている自身の存在に・・・

 

露天風呂から海を眺めるもよし、

ライブラリーで読書にふけるもよし、

はたまた、禅の間で瞑想するもよしです。

 

ガジュマルや洞窟といった、

施設全体が周囲の自然と一体化したこのホテルは、

創業5年にしてワールドラグジュアリーホテルアワードを

3年連続受賞している実力派ホテルです。

 

各種プランの最安値は54000円からだが、

料金に見合うだけの「上質なひととき」を過ごせるでしょう。

 

3位 琉球温泉瀬長島ホテル ~ 東シナ海を望む絶景露天風呂

露天風呂から東シナ海に沈む夕日が見られるこのホテルは、

那覇空港を離発着する航空機が頭上をかすめる瀬長島の高台にあり、

航空ファンには見逃せないポイントです。

 

露天風呂付客室、宿泊者限定の屋外プールのほか、

海との一体感を楽しめるインフェニティプールもあります。

 

アクティビティーは、日替わりメニューの朝ヨガのほか、

マリンスポーツも楽しめる。ショッピング、

フードコートを併設した商業施設が近くにオープンし、

ますます充実したステイは、

早期割を使えば、8400円から利用できます。

 

おとな旅プレミアム 沖縄 

4位 ホテルモトブオリオン&スパ ~ 美ら海水族館へ徒歩で

2014年にオープンした、比較的新しいホテルです。

なんといっても、美ら海水族館まで徒歩7分、

という利便性はすごいです。

 

伊江島の絶景を堪能できる

2億年前の地層から湧き出る天然温泉のほか、

タラソスパ、屋内・屋外プールといった設備も充実です。

 

アクティビティーは、

近くの島へのシュノーケリングや伊江島観光のほか、

備瀬のフクギ並木の散策も楽しめます。

 

また、冬季限定のホエールウォッチングもあります。

 

3つのレストラン、2つのバー、居酒屋、

ロビーラウンジといった飲食面も充実しています。

 

最安値8334円は、立地条件、

施設の充実度からみても魅力的です。

 

 

5位 カヌチャベイホテル&ヴィラズ ~ ゴルフ&リゾート三昧

やんばるの濃い緑と青い海に囲まれた自然の中の滞在型リゾート。

 

国内トップクラスのスケールを誇るゴルフコースを併設する敷地は、

そのスケールに圧倒されます。

 

沖縄本島でゴルフ三昧&リゾート三昧を楽しむなら、まさにここです。

 

ゴルフ以外のアクティビティーとしては、朝ヨガ、タイ古式マッサージ、

ハワイアンロミロミといった癒し系のプログラムが用意されています。

 

レストランは、和食・中華・沖縄料理・フレンチ・イタリアン

といった本格的な味が楽しめるほか、

ステーキハウスやバーベキューテラスもあり、バーが併設されています。

 

また、施設内には、元メジャーリーガー、

佐々木氏プロデュースのジムもあります。

最安値は24814円からです。

 

6位 宮古島東急ホテル&リゾーツ ~ 魅惑のエメラルドグリーン

このホテルの魅力は、

なんといってもエメラルドグリーンの海と白い砂浜の前浜ビーチです。

 

橋を渡って来間島からその様子を眺めると、

美しさがより一層際立って見えます。

 

来間大橋には、歩道があるので散歩やジョギングでも行けます。

 

途中、橋の下を見下ろすと、海面に泳ぐ海ガメの姿を目の当たりにします。

 

館内には、スパ、屋外プールがあり、アクティビティーは当然、

ホテルのプライベートビーチでもある前浜ビーチでのシュノーケリングや

クルージングといったマリンアクティビティーの数々です。

 

レストランは、メインダイニングのほか、和風ダイニング、

鉄板焼き、バーベキューハウス、そしてバーがあります。

最安値は27037円からです。

 

7位 AJリゾートアイランド伊計島 ~ 家族旅行に最適!

屋外プール、天然温泉、キッズプレイルーム、動物ふれあいコーナー、

テニスコート、バスケットコート、そして、

目の前の伊計ビーチでのグラスボートやシュノーケリングといったアクティビティーと、

10925円のリーズナブルな料金は、小さい子供連れの家族旅行に最適です。

 

レストランでは、和食・洋食・沖縄料理が楽しめます。

 

沖縄学―ウチナーンチュ丸裸

8位 ホテルイーストチャイナシー ~ 八重山の離島観光の拠点に

石垣市内の離島桟橋付近に位置するこのホテルは、

繁華街にも近く、石垣島やその周辺の離島観光の拠点として

利用したいホテルである。

 

施設面では、全館Wi-Fi完備のほか、

ダイビング後のウエットスーツの洗い場と物干し場があり、

シュノーケリングやダイビング目的での利用に便利だ。

 

レストランは、石垣島の食材をメインとしたイタリアンであり、

朝食は、東シナ海を望むテラス席でのビュッフェが楽しめる。

最安値は12037円からです。

 

9位 シギラベイサイドスィートアラマンダ ~ 極上の癒し

宮古島の南部に点在するホテルの中でも、

とりわけハイグレードなこのホテルは、

海を目の前にした広大な敷地に地下1250mから湧き上がる温泉、

フィットネスジム、エステがあり、和食、沖縄料理、イタリアン、

鉄板焼きといった本格的な味で訪れる者を心の底から満たしてくれます。

 

敷地に隣接したシギラベイカントリークラブでのゴルフのほか、

目の前のシギラビーチでのシュノーケリングやシーカヤック、

ハンモックヨガも楽しめる。

 

最安値は111666円からです。

“極上の癒し”があなたを迎えてくれます。

 

 

10位 はいむるぶし ~ 疲れた心身を“リセット”する場所・・

八重山諸島の中央、

ハワイとほぼ同緯度にある小浜島のリゾートホテルです。

 

他のリゾートホテルとの大きな違いは、

大自然という地の利を活かしたヨガプログラムや、

日本の伝統食である味噌・醤油・納豆を使用した「発酵食」

で滞在する者の心身をリセットさせることに主眼を置いている、

ということ。

 

一方で、ダイビングや、カヌー、

シュノーケリングといったマリンアクティビティーのほか、

乗馬体験、周辺の竹富島や西表島への観光プランもあります。

最安値は28703円からです。

 

11位 リーガロイヤルグラン沖縄 ~ 洗練されたホテルライフ

那覇の玄関口、ゆいれーる「旭橋」駅に隣接したホテル。

館内では沖縄を代表する作家のアートが

訪れる者の目を楽しませてくれます。

 

機能的で洗練された客室は、

一部が那覇港を望むビューバスタイプになっている。

 

また、最上階のダイニング&バーからは、

那覇港の夜景を堪能できます。

 

全体的に派手さは無いものの、

スタッフの行き届いたサービスと洗練された

大人の空間が極上のくつろぎを与えてくれます。

 

最安値は14444円からです。

 

12位 ホテルノア ~ 西海岸で安価なホテルを探すなら、ココ!

リゾートホテルが建ち並ぶ沖縄本島西海岸は、

高級リゾートホテルのイメージが強いが、

そんな中で、宜野湾コンベンションセンターに隣接、

レンタカーがあれば本島北部や南部の観光も便利、

という好立地にして安価なホテルです。

 

場所柄、コンベンションセンターでの会議や研修、

ベイスターズキャンプの観戦、また、

ダイビングショップが併設されていることから、

ダイビング目的でのリピーターが多い。

 

近くにショッピングセンター、コンビニ、飲食店があります。

最安値は5092円からです。

 

13位 ホテルグランビューガーデン沖縄 ~ アクティブレストな休日

那覇市に隣接した豊見城市の海岸沿いに位置し、

近くには「沖縄アウトレットモールあしびなー」や豊崎海浜公園があります。

 

館内は、屋外プール、露天風呂付大浴場、ミストサウナ、

会議室、レストランを備えています。

 

客室はバリアフリー対応のユニバーサルデザインの

部屋も用意されています。

 

近くの公園でのジョギングや、

砂浜に寝転んでのんびりと那覇空港に離発着する航空機を眺める、

なんてこともこのホテルならではのオプションです。

 

付近の道路は、歩道が完備されており、

朝から晩までジョギングを楽しむ地元の人でにぎわっています。

また、近くにゴルフ場もあります。

最安値は6666円からです。

 

14位 デザイナーズリゾートなかどまinn ~ 太っ腹なサービス!

沖縄本島中部、恩納村にある、

東京在住の建築家が手掛けたユニークなホテルです。

 

R-58沿いにありながら、その奇抜な外観から、

ホテルと気付かない人もいます。

 

国道に面した海を望むオープンバスは、

その解放感に、当初、とまどうかもしれないです。

が、それが、このホテルのコンセプトなのです。

 

残波岬、ムーンビーチ、中城城といった本島中部の観光地巡りに最適。

無料のレンタサイクルもあります

 

近くに飲食店はあるが、地元の人も訪れる、

ホテル併設のダイニング居酒屋は、味、ボリュームともに満足、

宿泊者にうれしい飲み放題付きのプランもあります。

最安値は7037円からです。

 

15位 沖縄第一ホテル ~ 予約してでも味わいたい「薬膳朝食」

那覇市内で30年以上続く老舗ホテル。

現在は、国際通りの近くに移転したが、

立地の割には喧騒を感じさせない、落ち着いたホテルです。

 

なんといってもここの名物は、

品数50品目と言われる「薬膳朝食」(3150円)です。

 

管理栄養士の指導のもと、558キロカロリーに抑えられた朝食は、

琉球ガラスや漆器に盛り付けされ、見た目にも美しいです。

 

5室しかない客室は、すぐに埋まってしまうが、宿泊客以外でも、

予約をすれば「薬膳朝食」を堪能できるので、

ぜひ、一度は味わってみてください。

 

朝食だけを目的に訪れる人は後を絶たないです。

最安値は5400円からです。

 

16位 那覇セントラルホテル ~ 那覇の都心で楽しむ天然温泉

国際通りに近く、ゆいれーる「美栄橋」駅、

「牧志」駅は、それぞれ徒歩5分圏内・・・という立地の良さ。

メインタワーと、2016年6月、

リニューアルしたイーストタワーがあります。

 

併設の天然温泉「りっかりっか湯」は、

10種類の露天風呂と3種類のサウナのほか、

軽食コーナーでは風呂上がりのビールも楽しめます。

 

また、地下1階には、無料のWi-Fiサービス、フリードリンク、

菓子のサービスのあるフリースペースが用意されています。

 

その他の館内設備としては、

食事処、カフェ、宴会場、コインランドリーのほか、

ユニークなものとして、

ハーレーダビッドソンのレンタルショップもあります。

(1日レンタル:13500円から)

最安値は7000円からです。

 

17位  Villa Kukuru ~ 1棟貸し切りでビーチを独占!

沖縄本島東海岸、宜野座村にある、

スィートルーム、1棟貸し切りタイプのホテルです。

すぐ、目の前にビーチが広がる、という贅沢なロケーションです。

 

キッチン用品も、ひととおり揃っていて、

車を走らせれば、コンビニもあります。

天井が高く、開放的な空間の部屋は、

バス、シャワー、乾燥機が完備されています。

 

隠れ家的に利用したり、仲間とワイワイ、

ホームパーティー的に楽しんだり、

家族やカップルで充実したひと時を過ごしたり・・・

と目的によってさまざまな用途がありますが、

最安値は59259円からなので、

大人数で借りるほどお得です。

 

18位 西表ジャングルホテルパイヌマヤ ~ ジャングルを体験する

周囲は、店はおろか、民家すら無い。

ここは、石垣島から船で数十分、

西表島にある川沿いのホテルです。

川、といっても、日本の川の景色を想像してはいけないです。

 

そう、ここは、手つかずの自然が残る、

西表島・・・なのです。

期待どおりの、マングローブが出迎えてくれます。

 

カヌーで川を遡り、滝で沐浴し、

ジャングルの径を歩く・・・なんて体験も、

ここならでは。客の要望に応じた、

オーダーメイドの貸し切りツアーも用意されています。

 

数年前まで湧き出ていた日本最西端にして最南端の温泉は、

今は枯渇してしまったが、それでも、

周囲を取り巻く大自然の威力は今も訪れる人を魅了して止まない。

最安値は7000円からです。

 

19位 アベストCUBE那覇国際通り ~ 連泊しても通常の1泊分・・!

2016年12月にオープンしたばかりのホテル。

国際通りに位置していながら、

最安値は3518円から、という破格の秘密は、

余分な物を徹底的に排除したその造りにある。

 

キャビンタイプ、2段ベッドといった部屋は、

ベッドとテレビ、簡易テーブル以外に何も無い。

 

トイレ、シャワーは男女別に共用スペースとして設置されています。

シャワースペースに洗濯機と乾燥機があります。

 

レストランと各階にあるフリースペースでWi-Fiが利用でき、

ゆいれーる「牧志」駅に近く、コンビニもすぐそばにあります。

 

20位 民宿「たましろ」 ~ ようこそ、ディープなOKINAWAへ!

とにかく、口コミで賛否両論、ここまでハッキリ分かれる宿も珍しいです。

噂では、「日本一汚い宿」という汚名を着せられながらもなお、

それでもリピーターの絶えない、

日本最南端は波照間島の、知る人ぞ知る宿です。

 

そんなリピーターを虜にしているのが、朝夕提供される、

ボリューミーな食事と、毎夕、

宿泊者一同でいただく夕食の席での自己紹介に始まる宴席です。

(実際に、内地では「幻の泡盛」と言われている、

この島で醸造された泡盛「泡波」が、ふんだんに振る舞われています)

 

そんな、宿泊者相互と家主の濃密な人間関係は、

おそらく、この宿でしか味わうことのできない、

ディープなOKINAWAです。

 

少々、おせっかい、うざい、けれども、

忘れかけていた何かを教えてくれる不思議な

宿の魅力に今日も吸い寄せられる旅人がいる・・・

な~んにも無い島だが、日本で唯一、南十字星が見えます。

 

そして、白砂のニシ浜が美しい。

1泊2食付き5000円。

 

好きなときに旅行を楽しむためには

以上が「沖縄おすすめ宿ランキングベスト20」です。

ぜひ行ってみたい宿がありましたら、

沖縄に来た際には行ってみてくださいね。

 

沖縄には他にも素敵な宿がたくさんありますので、

発掘していくのも面白いと思います。

 

また民泊用の宿もたくさんありますので、

Airbnbで検索してみるのもよいです。

 

好きなときに好きな場所に行くには

会社などに縛られて働くのではなく、

自分で稼ぐ力を身につけることです。

 

自分で稼ぐ力を身につけたければ、

こちらに登録してみてください。