沖縄のパワースポットをまとめてみました!金運、恋愛運、健康運などなど


※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

沖縄にはパワースポットがたくさんあります。

そんな沖縄のパワースポットをまとめてみました。

ご覧ください。

 

こんな本もありますね。

幸せと変化を引き寄せる 神秘と癒しの島 沖縄パワースポットの歩き方

 

ガンガラーの谷

谷の広さは約14500坪、

歩行距離は約1㎞で豊かな自然が残る亜熱帯の森を体感することができます。

古代人の住居跡、土器や化石が発見されたり

何万年も前の人類の化石が発掘されたりしており、

いにしえの時代に人類が暮らしていた名残が残っている場所です。

 

古代の歴史や文化の宿る場所なのでスピリチュアルな空間となっているので、

誰もが心洗われるような気持になれます。

 

また、ガンガラーの谷には、

鍾乳洞や樹齢が何千年にもなるガジュマルの木が生えています。

 

この樹木には精霊が宿ると言われており、大変神秘的な雰囲気が漂っていて、

力強いパワーをもらえそうです。

 

さらに種之子御嶽という御嶽があって、

子宝や良縁に恵まれるパワーが宿っていると言われています。

 

色んなパワースポットがあるので、

人それぞれ自分にあった恩恵を受けられそうです。

 

ガンガラーの谷はツアー以外の入場はできません。

 

住所=南城市玉城字前川202
電話=098-948-4192(予約受付9時~18時)
ツアー料金=大人 2000円
学生 1500円
保護者同伴の小学生以下無料
ツアー時間=1時間20分
*ケイブカフェ
営業=10時~18時(17時30分ラストオーダー)
カフェのみ利用可能(入場無料)

 

斎場御嶽

琉球の創世神話に登場する沖縄の七御嶽のなかでも、

最高位と言われています。

神秘的な雰囲気に満ちた緑の空間が出迎えてくれます。

 

周囲の自然や青々とした樹木が生い茂る静かな空間、

樹木や巨石などから生み出される自然のエネルギーを吸収することで、

心を穏やかにしてくれるパワースポットとなっています。

 

自然が生み出しだ絶景に圧倒されるとともに、

自分の小ささを知ることができそうです。

 

森の気配を心と体で感じ取ることができます。

神の気配さえ感じさせる大いなる自然を身近に体感することができます。

 

平成12年(2000)に世界遺産に登録されてからは

来場者が増え続けている人気のスポットとなっています。

 

【住所】南城市知念字久手堅270-1
※入場チケットは「南城市地域物産館」

(南城市知念字久手堅539)で購入のため、

必ず南城市地域物産館に立ち寄ること

【電話番号(問い合わせ)】098-949-1899

【営業時間】11月~2月 9時~17時30分
(最終チケット販売 16時45分/最終入場 17時)
3月~10月 9時~18時
(最終チケット販売 17時15分/最終入場 17時30分)

【休息日】旧暦の5月と10月、年に2回3日ずつ休みあり
自然保護や聖地としての静寂さを確保するため、年2回の休息日が設けられている
2017年5月26日(金)~5月28日(日) 11月18日(土)~11月20日(月)

【利用料金】大人300円(高校生以上)、小人150円(小中学生)、団体200円(20人以上)

【斎場御嶽の見学所要時間の目安】約1時間~1時間30分

【駐車場】あり(無料。約150台。南城市地域物産館と岬公園にある)
※駐車場から斎場御嶽迄は徒歩7分~10分程度

 

久高島

沖縄本島から高速船で約15分と近くにあり、

島の周囲は約8kmといったとても小さな島です。

 

海の彼方のあの世「ニライカナイ」に一番近い島とも言われています。

神の島と呼ばれるだけあって、

島のいたるところに御嶽や拝み所など聖地が点在しています。

 

フボー御嶽、ヤグルガー白砂のイシキ浜といった

パワースポットがあります。

 

島のすべてが神聖な場所となっていて、

神事が行われる時期は立ち入り禁止となる場所や

観光客が参加できない行事もあります。

 

人が踏み入れたり、開発が進んでいるわけではないので、

島全体が神聖な地で過ごすことで得られるものがありそうです。

 

普段の日常生活では味わうことが出来ない

神聖なパワーを受け取ることが出来る

パワースポットがたくさんあります。

 

沖縄本島南部の南城市安座真(あざま)の

安座真港から船に乗って久高島まで行きます。

 

所要時間はフェリーだと25分、

高速船だと約15分程です。

 

住所:沖縄県南城市知念字安座真(なんじょうしあざあざま)
電話:098-948-7785

 

地球の歩き方MOOKハンディ 沖縄の歩き方

 

大石林山

沖縄本島北部エリアに大自然のパワーを

体感できる観光スポットの「大石林山」があります。

 

神が琉球を創ったという神話にまつわるスピリチュアルな場所です。

そこで、ガジュマルの木や奇岩や巨石、亜熱帯の森、

大海原を望む大パノラマなど、大自然の強烈なパワーを体感できます。

 

敷地内には「美ら海展望台コース」「亜熱帯自然林コース」

「巨石・石林感動コース」「バリアフリーコース」の4つのコースがあり、

目的や滞在時間に応じて好きなコースを行くことができます。

 

その中でも亜熱帯自然林コースには、

圧巻の御願ガジュマルという大地の強烈なパワースポットがあります。

 

静かに偉大な自然と触れ合うことで、

さまざまな自然の表情を見ることができます。

 

まさに大きな石からエネルギーが

放出されているように感じられる場所です。

 

 

住所

〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村字宜名真1241

大人:大人:800円
子供:子供:500円

URL:http://www.sekirinzan.com

 

浜比嘉島

浜比嘉島は、琉球の始まりの地といわれていて、

沖縄の神々が住む島とされています。

 

琉球を造った祖神の墓「アマミチューの墓」や、

祖神・アマミキヨ、シネリキヨが居を構えたといわれる

洞窟「シルミチュー」などのパワースポットなどがあります。

 

小さい島ですが沖縄らしさがぎっしりと詰まっていて、

昔ながらの赤瓦屋根の家並みや、琉球石灰岩の石垣など昔懐かしい雰囲気があります。

 

他の島にはない独自の雰囲気や文化が体感できます。

大きなガジュマルの下に静かにたたずむ東の御嶽や、

緑豊かな森の中にひっそりとそびえるシルミチューの洞穴などは、

趣のある神秘的な空間となっています。

 

心洗われる空間で日常を忘れ、

ゆったりと神秘的な空間に浸れること間違いないです。

 

生き方は、

那覇から、バスで那覇→JAおきなわ与那城支店→浜比嘉島

 

 

ター滝

沖縄と言えばやはり海をイメージしがちですが、

大きな川から小さな川までたくさんあります。

 

「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部地域で

国頭村・大宜味村・東村の3村にまたがる国立公園にター川はあります。

 

普通の滝と違って、

大変ですが川の中を自らの足で歩いて進んでたどり着きます。

 

沖縄本島では数少ない自然が残る

やんばる地域ならではの動植物に出会うこともあります。

 

周りはジャングルの雰囲気を漂わせていて、

30〜40分程歩いて行けば滝が見えてきます。間近で見る滝は迫力満点で、

神秘的な空間に立ち入ることができ、

自らの足で到達したという達成感を感じることもできます。

 

神が降り立つような森・ジャングルの中で体感できるパワーは力強く、

生まれ変わったように気持ちを高めてくれるスポットとなっています。

 

住所 沖縄県国頭郡大宜味村字津波

 

アクセス

那覇空港から車で
1.高速利用時:那覇IC→許田IC→国道58号線→県道70号線経由で約1時間35分
2.一般道のみ:国道58号線を利用して約2時間
3.最寄の許田ICから国道58号線を利用して約25分
国道58号線の平南川橋を山側に曲がると案内看板があります。

看板通りに川沿いを上流方向へ行くとター滝入口があります。

 

果報バンタ

沖縄本島中部、うるま市与那城に宮城島という島があります。

そこにある果報バンタはパワースポットとしても知られています。

 

この果報バンタは、「ぬちまーす」という

大人気商品をつくっている塩工場・ぬちうなーの敷地内にあります。

 

果報とは沖縄の言葉で「幸せ」という意味で、

バンタは「崖、岬」を表しているので幸せを呼ぶ岬という意味合いです。

エメラルドグリーンの海と標高約120mの岬からの景色は

沖縄本島No1の絶景スポットとも言われています。

 

巨大な崖のスケール感もすごく圧巻の景色です。

この景色を見ると幸せな気分になれること間違いなしです。

日本にいながらにして、

ダイナミックな景色と場所で最高な思い出を築くことができます。

 

住所:沖縄県うるま市与那城宮城2768

アクセス

高速道路と一般道を利用
出発地:那覇空港(那覇市字鏡水)
距離:約50km、時間:約1時間5分
区間情報:空港→(一般道)→(那覇空港自動車道

名嘉地IC)→(沖縄自動車道 沖縄北IC)→(一般道)→果報バンタ

 

備瀬のワルミ

地元の人しか知らないような秘境であり、

そのため訪れる人も少ないので神秘的な

パワースポットとなっています。

 

茂みを進んでいくと岩の割れ目が目の前に現れます。

それがパワースポットのワルミと

なっているので少しわかりづらい場所になります。

 

切り開かれた風景を目にすると心が

すうっと洗われた感じになれます。

 

沖縄の原風景が唯一残っている場所で、

両脇が崖に囲まれており崖からの圧迫感からも

パワーチャージできそうな雰囲気です。

 

崖と岩と海の自然に作られた空間は、

他では見ることができない珍しいコラボレーションで

神秘的な雰囲気を醸し出しています。

 

青い空と青い海が岩の隙間から垣間見れた先に、

大きく開いた海は絶景となっています。

 

住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬

 

美ら海水族館から車で約5分

 

首里城 内金城嶽 大アカギ

首里城近くの推定樹齢200年超の、

神が降りて願いを聞いてくれるという大アカギがあります。

 

樹齢が長く大きく構えた大アカギは

誰もが平伏したくなる威厳があり圧倒されてしまいます。

 

このアカギが立っている周辺はこの辺りは、

戦火から逃れた地ということもあって、

昔のままのの森の面影を今に残してくれています。

 

この大アカギもまた日本唯一の地上戦と言われる

沖縄戦を耐え抜いた樹木とも言われていて、

見ればその生命力に驚かされること間違いないです。

 

看板が立っており、

「旧暦6月15日に神が降りてきて

願い事を聞いてくれるという言い伝えがあり、

年にひとつだけ願い事を話されてみて下さい」と書かれています。

 

色んな由縁のある大アカギだからこそ、

願い事をいつか叶えてくれるかもしれません。

 

住所 沖縄県那覇市首里金城町

首里城の守礼門からゆっくり歩いて10分程度です。

 

古宇利島

感があり美しく、古宇利島大橋から見る海は絶景スポットです。

 

2つの岩が重なるとハート型に見えるハートロックがあります。

ハートスポットは世界中であちこちありますが、

ぜひ行ってみたくなるスポットです。アクセスもいいのでお勧めです。

 

縁結びのパワースポットとして人気ハートロックが

見られるティーヌ浜もカップルなどに

人気のロマンティックな場所となっています。

 

また雑誌やテレビでも縁結びのご利益があるスポットとして紹介されており、

あらゆる世代の恋愛成就や夫婦円満など

お願いした女子から支持されている人気スポットとなっています。

 

ぜひ恋愛成就を願いたくなるありがたい

ハートロックを拝みに行きたくなります。

 

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

アクセス

那覇空港から高速道路を利用して約1時間30分。

 

高速道路の区間は那覇空港自動車道の

名嘉地(なかち)ICから沖縄自動車道の西原JCTを

経由して終点の許田(きょだ)ICで降ります 。

一般道は国道58号線を利用して古宇利島へ

 

好きなときに好きな場所に行くには

好きなときに好きな場所に行くには

会社などに縛られて働くのではなく、

自分で稼ぐ力を身につけることです。

 

自分で稼ぐ力を身につけたければ、

こちらに登録してみてください。