最低でも必要なせどりの利益率

この前、コンサルメンバーと

話していたときに、

仕入れや納品が忙しくて

ほかのことをやる時間が

ないといっていたので

納品の外注化をすすめました。

 

そしたら納品を外注化すると

利益が全然とれなくなるということ。

 

納品を外注化して利益がとれなく

なるということはそれだけ利益率が

低いということになります。

 

最初はお金を作るためにも

それでいいとは思いますが、

ずっと一人で全部やるというのは

仕入れも増やせず新しいことに

取り組むこともできないので

現状維持のままです。

 

 

自分以外ができることは人に任せて

自分にしかできないことに

集中して利益を拡大させて

いったほうがいいです。

 

また利益率が低いと

消費税を払ったら

全然手元に残らないという

ことにもなりかねないですからね。

 

1人でやっていて売上に対して

利益率が10%以下だと

外注化もできないですし

消費税を払うのもきついので

仕入れる商品を見直したほうがいいです。

 

最低でも利益率10%以上になるように

仕入れていきまっしょい。

 

 

 

 

LINE@に登録されたかたには、

17800円で販売していた教材、電脳せどりファイナルメソッド」

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

「Amazonアカウント停止からの復活改善案テンプレート」

をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
ぜひ登録してみてください。

友だち追加

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください