せどりと中国輸入どっちが稼ぎやすいか

最近、家とジムの往復しかしていません。

 

夏らしいことはなにもせずに

ジム以外はほぼ家にこもっています。

夜、ビールを飲むことだけが楽しみになっています。

 

「モロミさんは中国輸入に取り組んでいますが

せどりと中国輸入、どっちが稼ぎやすいですか?」

 

というような質問をいただきました。

人それぞれだとは思うのですが、

早く成果をだしたいならせどりです。

 

特に店舗せどりだとガッツと

行動力があればすぐに成果を

だすことができます。

 

ブックオフだったり家電量販店に

行ってひたすらアプリで商品を

調べて仕入れていけばいいだけですからね。

 

体力的にはしんどいですが。

 

特にこの夏の時期だと車がないと地獄です。

 

せどりを始めた初期のころ、

真夏に電車で家電量販店を回って両手が

荷物でふさがったら帰って、

また店を回るということを

繰り返していたらしんどすぎて

心が折れたことがあります。

 

店舗せどりに嫌気がさして

そこから電脳せどりにシフトしました。

 

電脳せどりもネットショップやヤフオク、

メルカリなどをひたすらリサーチする

必要があるため相当なガッツが必要です。

 

店舗も電脳も泥臭いことをしないと稼げないですが

成果がでるのは早いです。

 

中国輸入はせどりと違って

成果をだすのに時間がかかります。

 

商品を注文をしてから届くのに

2~3週間かかりますし、

実際に商品を確認してから

大量に注文することになります。

 

中国輸入に関しては画像だけで

判断するのはかなり危険ですからね。

 

画像と実物が全然違うということがあるので。

 

あと商品ページを作ったり

広告をかけたりとやることの難易度は高いです。

 

せどりみたいに作業量で稼ぐ

というよりは色々と考えながら

試行錯誤してやっていく感じですね。

 

せどりと中国輸入どっちが

稼ぎやすいかの答えですが、

僕のなかではせどりです。

 

ガッツがあれば稼ぐことができるので。

 

ただアマゾンで販売していくなら

中国輸入のオリジナル商品を

販売してくほうがアマゾンの

意向に沿っているかと思います。

 

アマゾンは新規登録商品に対して

在庫保管料や返送料金無料などの

キャンペーンをやってますからね。

新規の商品を販売してほしいわけです。

 

逆に既存の大手メーカーなどの

商品を販売すると真贋調査を

やったりして締めだしている状況です。

 

僕自身、まだまだオリジナル商品よりも

せどりの収益のほうが大きいですが、

早く逆転させないといけないと思っています。

 

せどりのツールやサービスを

販売したり紹介している身としては

「まだまだせどりは稼げるから安心してください!」

なんてことを言ったほうが

やりやすいのですが、

客観的に見てもせどりをこの先ずっと

続けるのは危険だということは感じています。

 

知り合いにアカウントが

止まっている人が何人もいるので。

 

アカウントが止まると売上が

入金されないし作り直すのも大変です。

 

古本せどりは今後も大丈夫だとは思いますが。

 

何に取り組むかは色んな情報を

集めて判断してください。


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

をプレゼントしております。

 

また、せどりや情報発信などに関する質問を

LINE@でいただければお答えします。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

記事の作者


沖縄生まれ、東京在住のアラフォー。

今まで超絶ブラックの外食チェーンで働いたり、自分で店をだしたり不動産会社で働いたり。

今では月収1000万以上稼げるようになったり。

詳しいことはプロフィールで。

素顔が見れます笑


profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください