「自己プロデュース力」 島田紳助著 書評

島田紳助の講義です

この本は島田紳助がNSC(吉本総合芸能学院)

の生徒に講義したときの内容です。

 

元々は「紳竜の研究」というDVDに収録されていた講義で、

それが本になったということですね。

 

NSCの生徒に向けて話した内容ですが

誰が見ても勉強になるのでおすすめの1冊です。

 

「X+Y」の公式の確立

島田紳助いわく「X」が自分の能力、

「Y」は世の流れということ。

 

売れ続けるためには「X」と「Y」が

ぶつかり続けていないといけない。

 

そして、動いていくYに合わせて、

Xを変化させないといけないという。

 

せどりの世界に置き換えてみると、

3年前に比べて状況が変わっています。

 

家電せどりという分野も出始めで

新しい手法だったのが、

今では当たり前の手法になっていますし、

ツールの性能もどんどんよくなっており

無料で使えうツールも多いです。

 

情報の質もよくなり、

ひと昔前だと有料で販売されているような情報が

無料で公開されている状態です。

 

せどり業界の流れが変わっているのもかかわらず、

ずっと同じような発信をしているようでは

誰も興味をしめさなくなるわけです。

 

興味をしめされなくなると

アフィリエイトをしても売れないですし、

自分の商品やコンサルも売れません。

 

状況が変わっているのなら、

自分も変わらないといけないわけです。

進化しないといけないです。

 

どの世界でもそうですが、

成長と流れを読む力がないと生き残ってない

ということです。

 

「5の努力」をすれば「5の筋力」がつく

 

5の才能をもっている人が5の努力をすれば

5×5=25で最高の結果がでるという。

 

5の才能を持っているのに、

1の努力しかしなければ大した成果はでない。

 

逆に5の努力を知っていれば、

3の才能しかなくてももっと上に行くことができるという。

 

そして、「5の努力」をすれば「5の筋力」がつくということ。

 

たとえお笑いの世界でうまくいかなくても、

5の努力の仕方を知っていれば

何かしら取り組んだときに成功するということです。

 

これはネットビジネスで例えると、

もしネットビジネスの才能が1しかなくても、

5の努力の仕方をわかっていれば

他の分野でうまくいくということです。

 

しかし、せどりやアフィリエイトなどの

ネットビジネスはお笑いみたいに厳しい世界ではなく、

5の努力ができれば誰でもうまくいきます。

 

なので、今まで他の分野で5の努力をしてきて

5の筋力がついている人は

ネットビジネスで必ず旨くいきます。

 

逆にうまくいっていない場合は

5の努力をぶつけられないと思いますので

ぶつけてみてください。

 

5と思っても5じゃない場合もあるはずなので、

うまくいってる人のブログやメルマガを読んで

基準を知るとよいです。

 

話しが脱線しましたが、

面白い本ですので1度読んでみることをおすすめしますよ。

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!