いきなり付き合おうって言われても・・・

アメリカのアマゾンアカウントが

何回請求書を送っても

いまだに復活しないので、

輸出の発信をしている人に

かたっぱしから解決方法を聞きました。

 

聞いているといっても

知り合いでもなんでもなく、

ブログのお問い合わせから

メールを送っています。

 

特に情報発信をしているとかなにも言わずに、

いち読者として聞いているわけですね。

 

ほとんどのかたは親切丁寧に

返していただけます。

めっちゃありがたいです。

 

色々と勉強させていただきました。

 

ただ中には売り込みが

半端じゃない人もいて、

コンサルに引き込もう

とする人もいました。

 

「稼ぎたければ絶対に

私のコンサルを受けたほうがいいです。

私はこんなに実績があって

今ならこの価格でやります。

私とあなたならできる」

みたいな感じです。

 

もっと長文ですが。

なにができるのという感じです。

 

メールの1往復をしただけなのに

ガシガシ売り込んでくるのも

どうかと思いますし

やっちゃいかんです。

 

道を聞かれただけなのに

好かれていると勘違いして

付き合おうというのと同じです。

 

怖いし不快です。

 

なにかセールスするときというのは

共感や関係性を徐々に築いてからですね。

 

自分もそんなことをやらないように

気を付けようと思いました。

 

 

PS

アカウントに関してはいまだに解決していません。

知ったことは新規のアカウントでおもちゃは

絶対にやっちゃいかんということです。

 

高い確率で真贋調査がはいるみたいです。

アマゾン輸出をやろうとしているかたは

気を付けてください。

 

 

 

 

 

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@もやっております。

登録されたかたには、

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

をプレゼントしております。

 

また、せどりや情報発信などに関する質問を

LINE@でいただければお答えします。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

記事の作者


沖縄生まれ、東京在住のアラフォー。

今まで超絶ブラックの外食チェーンで働いたり、自分で店をだしたり不動産会社で働いたり。

今では月収1000万以上稼げるようになったり。

詳しいことはプロフィールで。

素顔が見れます笑


profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください