中国輸入に取り組み始めてせどりとの違いに思ったこと

今日でゴールデンウィークが

終わりですが、

これといってどこも行かずに

半分以上はこもっていました。

 

最近はがっつり中国輸入に

取り組んでいます。

 

2か月ぐらいはひたすらインプットして

最近になって仕入れはじめたので

これからガシガシ売っていきます。

 

やってみて思うのは

せどりよりも考えること、

やることが多いということ。

 

せどりは売れていることが

わかるものを仕入れるので

間違いなく売れるのですが、

中国輸入は売れるのかテストしたり

アンケートとったり

商品ページ作ったりで

売るまでの行程が多いです。

 

早くお金を稼ぎたければ

すぐに仕入れて販売できる

せどりのほうがいいですね。

 

それでも新しいことをやるのは

楽しいもんで、

販売して売れてきたら

もっと楽しくなると思います。

 

なんでもそうなのですが、

稼げるようになったら楽しいです。

 

せどりにしろ情報発信にしろ、

1円の利益もでていないと

あまり楽しくはないですし

思いっきりアクセルを踏むことも

躊躇するはずです。

 

本当に稼げるのか?

やってる意味あるのか?

と思ってしまいます。

 

なのでなにをするにしても

まずは1円でも利益をだすことですね。

 

僕自身もネットビジネスで

一番最初にやった輸入ビジネスで

ダイソンの掃除機をアメリカから

仕入れてヤフオクで販売して

1万円の利益がでたことを

今でも覚えています。

 

おお、本当に稼げるんだと

実感して本気で取り組みました。

 

とにかくまずは行動することから。

やってやりまっしょい。

では!

 

 

 

LINE@に登録されたかたには、

17800円で販売していた教材、電脳せどりファイナルメソッド」

「おすすめ仕入れ先ネットショップ一覧」

「売れた商品100リスト」

「Amazonアカウント停止からの復活改善案テンプレート」

をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
ぜひ登録してみてください。

友だち追加

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください